あぐり第147話のネタバレあらすじ!晃の絵

こちらでは、朝ドラ「あぐり」25週目第147話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第146話「あぐりに告白」では、晃があぐりに告白するストーリーでした。

あぐりの第147話「晃の絵」では、晃の絵を探しに岡山に戻り、引っ越しの前日に手渡すストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年9月24日(水)放送
第30週サブタイトル『人生は冒険旅行』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第147話のネタバレあらすじ

ここからは、9月24日に放送された朝ドラ「あぐり」第147話のあらすじをまとめたネタバレです。

林に告白されて数日のこと。
仕事で神戸へ行った望月あぐり(田中美里)は、その足で岡山へ向かう。
望月家につくと、皆に林の絵があったカフェを探して欲しいとお願いした。
望月組の皆で探していると、物忘れの激しくなった磯辺がマスターのことを知っていると話す。
東京へ戻ってから林家を訪れるあぐり。
あぐりは、マスターから預かった絵を見せる。
その絵は亡くなった奥さんが譲ったものだったのだ。
亡くなった奥さんは、また絵を描いてくれることを願って預けたものだといい、もう一度向き合って欲しいと伝えた。
1週間後、林晃(高嶋政伸)が美容室にやってきた。
林は1週間この絵と向き合ったといい、突然あぐりに結婚してほしいと求婚してきた。
ここまでが、9月24日に放送された朝ドラ「あぐり」第147話のあらすじのネタバレです。

あぐり第148話のあらすじを知りたい方は、第148話『結婚を決心』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第147話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第147話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり147話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第25週目第147話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。