あぐり第148話のネタバレあらすじ!結婚を決心

こちらでは、朝ドラ「あぐり」25週目第148話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第147話「晃の絵」では、晃の絵を探しに岡山に戻り、引っ越しの前日に手渡すストーリーでした。

あぐりの第148話「結婚を決心」では、あぐりが林との結婚を決心するストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年9月25日(木)放送
第30週サブタイトル『人生は冒険旅行』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第148話のネタバレあらすじ

ここからは、9月25日に放送された朝ドラ「あぐり」第148話のあらすじをまとめたネタバレです。

1週間後、林が美容室にやってきた。
林は1週間この絵と向き合ったといい、突然あぐりに結婚してほしいと求婚してきた。
林は、自分に正直に生きるため、あぐりと結婚がしたいという結論にいたったという。
そして、返事はいつでもいいといい、去っていった。
その話は瞬く間に広がっていく。
望月あぐり(田中美里)がどういう答えを出すのか皆気にしていたのだ。
林から求婚されたその日の夜。
望月家に、林が訪ねてきた。
林は大きなキャンバスを持って、あぐりさんを描かせて欲しいとお願いしてきたのだ。
翌日から、あぐりをモデルに絵を描く林。
あぐりが新聞社にいかなくてもいいのか?と質問すると林は新聞社は辞めたと答えた。
絵が完成に近づいたある日。
あぐりが1人美容院にたたずんでいると、望月エイスケ(野村萬斎)の声が聞こえてきた。
結婚してもいいのか?と聞くと、君の思ったとおりに生きればいいと笑顔で答えた。
そして、翌日、林晃(高嶋政伸)にどうか末永くよろしくお願いしますと伝え、二人は結婚することとなる。
家族だけの写真を撮ろうというあぐりに、望月淳之介(山田純大)は自分抜きでやってくれと言う。
しかし、最後には、皆の前に現れ、家族写真を撮るのであった。
ここまでが、9月25日に放送された朝ドラ「あぐり」第148話のあらすじのネタバレです。

あぐり第149話のあらすじを知りたい方は、第149話『和子の誕生日』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第148話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第148話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり148話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第25週目第148話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。