あぐり第72話のネタバレあらすじ!美容院が完成

こちらでは、朝ドラ「あぐり」12週目第72話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第71話「健太郎の提案」では、健太郎から市ヶ谷の土地を譲りうけ、美容院を建てる資金をもらうストーリーでした。

あぐりの第72話「美容院が完成」では、エイスケが名前をつけた、あぐりの美容院が完成するストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年6月28日(土)放送
第12週サブタイトル『でっかいお年玉』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第72話のネタバレあらすじ

ここからは、6月28日に放送された朝ドラ「あぐり」第72話のあらすじをまとめたネタバレです。

チェリー山岡(名取裕子)から結婚を勧められたことにショックを受けていた千代子。
だが、チェリーの思いを知り、故郷へ帰って結婚することを決意する。
チェリーは、井上千代子(高柳葉子)への餞に卒業試験を行い、見事合格した千代子は万感の思いで美容院を退職した。
数日後、千代子の後釜で美容院にマネキン嬢として入るはずだった女性が自殺未遂をする。
この事件で、チェリーがマネキン嬢の報酬を搾取していたという嘘の記事が書かれ、チェリーはピンチに追い込まれる。
チェリーを心配する望月あぐり(田中美里)だが、自分の店の開店準備に専念するようチェリーに言われる。
あぐりの店の準備が進む中、望月エイスケ(野村萬斎)が「AGRI美容院」という店名を考え出す。
世界に共通するよう英語で表記し、どんな時も前に突き進むというあぐりらしさが込められていると言う。
さらに、辻村燐太郎(野村宏伸)のモダンな設計で、昭和4年5月、念願のあぐりの美容院が完成した。

 

ここまでが、6月28日に放送された朝ドラ「あぐり」第72話のあらすじのネタバレです。

あぐり第73話のあらすじを知りたい方は、第73話『川俣の絵』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第72話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第72話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり72話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第12週目第72話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。