あぐり第91話のネタバレあらすじ!ダットサン

こちらでは、朝ドラ「あぐり」16週目第91話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第90話「淳之介のお祝い」では、エイスケが、淳之介の3年生のお祝いをしようと提案するが、あぐりが忙しくそれどころではないストーリーでした。

あぐりの第91話「ダットサン」では、エイスケがダットサンに乗って帰ってきて、親子3人で温泉に行こうと誘うストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年7月21日(月)放送
第19週サブタイトル『別れの曲』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第91話のネタバレあらすじ

ここからは、7月21日に放送された朝ドラ「あぐり」第91話のあらすじをまとめたネタバレです。

昭和9年11月、相変わらず家に寄り付かない望月エイスケ(野村萬斎)が、突然ダットサンに乗り帰ってくる。
本の印税で車だけでなく、あぐりにも豪華な毛皮のコートを渡し、しばらく家にいると言うエイスケ。
上原世津子(草笛光子)によれば、作家たちが弾圧の犠牲になっていることが辛いエイスケは、その苦痛から逃れるため、お金をバラまいているのだという。
そんななか、エイスケが家族で温泉旅行に行かないかと言い出す。
ところが旅行当日に光代が高熱を出し、望月あぐり(田中美里)は看病ため家に残り、エイスケと淳之介の二人で温泉に行くことに。
二日後、旅行から帰ってきた淳之介は、浮かない顔で部屋に閉じこもってしまう。
居間では、旅館から女性物の手袋の忘れ物だと電話がかかってきたうえ、旅行鞄からはレースの白いハンカチが出てくる。
子どもも居る家族旅行に女を連れていったエイスケに呆れる光代とあぐり。
その時、健太郎より電話があり、岡山の母・川村美佐(松原智恵子)が危篤だと告げる。

ここまでが、7月21日に放送された朝ドラ「あぐり」第91話のあらすじのネタバレです。

あぐり第92話のあらすじを知りたい方は、第92話『美佐の危篤』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第91話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第91話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり91話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第16週目第91話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。