あぐり第104話のネタバレあらすじ!理恵の出産

こちらでは、朝ドラ「あぐり」18週目第104話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第103話「パーマネントの自粛を!」では、戦争の影響で、パーマネントの自粛を通告されるストーリーでした。

あぐりの第104話「理恵の出産」では、あぐりが次女理恵を出産するストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年8月5日(火)放送
第21週サブタイトル『エイスケ死す』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第104話のネタバレあらすじ

ここからは、8月5日に放送された朝ドラ「あぐり」第104話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり104話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

昭和14年7月8日、あぐりは3番目の子ども理恵を出産。

エイスケは美容院からあぐりを連れ出し、外車パッカードに淳之介(大根田良樹)と和子(新穂えりか)も乗せ、理恵とあぐりの誕生祝いに購入した、箱根の別荘へ案内する。

株でもうけたエイスケは、購入したばかりの高級外車に仕事中のあぐりや子どもたちを無理やり乗せ、箱根に買った別荘へと連れていく。

エイスケが理恵とあぐりにプレゼントした別荘は、山々を見晴らすすばらしい眺め。

せんそくの和子にとっても、いいところだった。

しかし、あぐりは喜ぶどころか、車や別荘を次々と買えるようになったエイスケに不安を感じる。

自分たちの成功とは裏腹に何かが足りないと。

翌年の昭和15年初夏、エイスケが株で大損を出したという噂が流れる。

ここまでが、8月5日に放送された朝ドラ「あぐり」第104話のあらすじのネタバレです。

あぐり第105話のあらすじを知りたい方は、第105話『廃嫡のお願い』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第104話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第104話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり104話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第18週目第104話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。