あぐり第108話のネタバレあらすじ!エイスケの小説

こちらでは、朝ドラ「あぐり」18週目第108話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第107話「あぐりへのプレゼント」では、エイスケの死後、あぐりにあてにバースデーケーキとカードが配達されるストーリーでした。

あぐりの第108話「エイスケの小説」では、燐太郎がエイスケの机から小説を見つけ、あぐりに手渡すストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年8月9日(土)放送
第18週サブタイトル『エイスケ死す』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第108話のネタバレあらすじ

ここからは、8月9日に放送された朝ドラ「あぐり」第108話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり108話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

エイスケの裏切りを許せないあぐり。

燐太郎(野村宏伸)はエイスケの机から、死の2日前に書かれた小説を見つける。

死の直前に燐太郎の新作を褒めに来たエイスケ。

あの時別れを言いに来たのだと、燐太郎は独りで親友の死を悼む。

それはあぐりへの愛に満ちあふれ、読んだあぐりはエイスケの残した借金を払うべく行動を開始する。

「すっとそばにいる」と言ったエイスケの愛情を信じられなくなったあぐり。

しかし、燐太郎の見つけたエイスケの最後の小説「アン・ダグリッパの結婚」を読み、エイスケの愛を取り戻す。

ここまでが、8月9日に放送された朝ドラ「あぐり」第108話のあらすじのネタバレです。

あぐり第109話のあらすじを知りたい方は、第109話『学校の宿題』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第108話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第108話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり108話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第18週目第108話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。