あぐり第114話のネタバレあらすじ!燐太郎とあぐりの結婚

こちらでは、朝ドラ「あぐり」19週目第114話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第113話「パーマネント機奪われる」では、パーマネント機を国へ供出させられても明るく振舞いあぐりだったが、老婦人のパーマをかけてみたいという夢に応えられず落ち込むストーリーでした。

あぐりの第114話「燐太郎とあぐりの結婚」では、子供たちが燐太郎を慕っている姿を見て、光代が、燐太郎とあぐりの結婚を考えるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年8月16日(土)放送
第19週サブタイトル『淳之介の初恋』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第114話のネタバレあらすじ

ここからは、8月16日に放送された朝ドラ「あぐり」第114話のあらすじをまとめたネタバレです。

各家庭に防空壕を設置することが義務化され、あぐりの家には辻村燐太郎(野村宏伸)が手伝いに来て、淳之介と共に庭で穴掘り作業をしていた。
望月和子(馬渕英里何)望月理恵(碇由貴子)も燐太郎を父親のように慕い、じゃれ合う姿をみた光代は、あぐりに燐太郎と結婚してはどうかと言い出す。
一方で、燐太郎も恋人の今村つた子(麻乃佳世)から、自分と付き合いながらも燐太郎の心のなかには別の女性がいると指摘され、何も言えずにいた。
ある日、望月あぐり(田中美里)を訪ねてきたつた子は、燐太郎が好きなのはあぐりだと告げ、二人がお互いを慕っているなら、自分は身を引くと言い出す。
燐太郎の気持ちに甘え、頼り切っていたことに自責の念を感じたあぐりは、セラヴィで燐太郎に会う。
自分のそばにはいつも望月エイスケ(野村萬斎)がいるのだといい、これからは自分の幸せを考えてほしいと燐太郎に訴えるあぐり。
燐太郎はあぐりへの想いを断ち切らなければならないのだと痛感する。
正月をむかえ、燐太郎からの年賀状には、つた子と結婚したことが書かれていた。

 

ここまでが、8月16日に放送された朝ドラ「あぐり」第114話のあらすじのネタバレです。

あぐり第115話のあらすじを知りたい方は、第115話『淳之介に召集令状』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第114話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第114話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり114話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第19週目第114話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。