あぐり第119話のネタバレあらすじ!取り壊しを見届ける

こちらでは、朝ドラ「あぐり」20週目第119話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第118話「建物疎開」では、あぐり美容院に建物疎開の通知書が届くストーリーでした。

あぐりの第119話「取り壊しを見届ける」では、美容院が取り壊されるのを、エイスケの写真と一緒に見届けるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年8月22日(金)放送
第24週サブタイトル『さよなら東京』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第119話のネタバレあらすじ

ここからは、8月22日に放送された朝ドラ「あぐり」第119話のあらすじをまとめたネタバレです。

「建物疎開」により、美容院が取り壊わされることになり、安田沢子(三浦理恵子)は結婚した相手の家へ、辰子は戦死した夫の実家に身を寄せることに。
別れの日、あぐりと辰子は出会って共に過ごした20年間を思い出しながら、互いに感謝の気持ちを伝え、辰子は去っていった。
ついに美容院が壊される日、望月あぐり(田中美里)はエイスケの写真を胸に、望月エイスケ(野村萬斎)の建ててくれた美容院の最後を見守る。
絶望のなか、瓦礫から美容院の看板を見つけ出したあぐりは、どんな時でも前に進むのがあぐりのいいところだという言葉を思い出す。
そして、壊れた看板を立て、店がなくなっても美容院を続けることを決意するあぐり。
そんななか、昭和20年5月25日深夜、あぐりの家の上空にもB29が飛来し、焼夷弾が落とされ、危険が迫るのだった。

 

ここまでが、8月22日に放送された朝ドラ「あぐり」第119話のあらすじのネタバレです。

あぐり第120話のあらすじを知りたい方は、第120話『俺の本持っていけ』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第119話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第119話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり119話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第20週目第119話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。