あぐり第121話のネタバレあらすじ!とめの実家に疎開

こちらでは、朝ドラ「あぐり」21週目第121話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第120話「俺の本持っていけ」では、空襲で逃げようとしたとき、エイスケの声が聞こえ、エイスケの小説を取りに家の中に淳之介が飛び込むストーリーでした。

あぐりの第121話「とめの実家に疎開」では、家を失ったあぐりたちが、とめの実家の山梨に疎開するストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年8月25日(月)放送
第25週サブタイトル『母と子の暑い夏』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第121話のネタバレあらすじ

ここからは、8月25日に放送された朝ドラ「あぐり」第121話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり121話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

住む家を失ったあぐり一家は、とめ(細川ふみえ)の山梨の実家に疎開する。

疎開先のとめの実家には寝たきりの母親もいて、姉のあさ子に迷惑がられる。しかしあぐりを恩人と思う父親は小屋を貸してくれる。

片桐を空襲で失いぼう然とする光代。

学校からの帰り道、和子はあさ子の娘たちに囲まれ「東京もんは帰れ!」と嫌がらせをされる。

無視して背後から泥を投げつけられる姉の和子を救おうと、幼い理恵が泥水鉄砲で反撃する。

大学のある淳之介は、尚久の下宿に身を寄せる。

ここまでが、8月25日に放送された朝ドラ「あぐり」第121話のあらすじのネタバレです。

あぐり第122話のあらすじを知りたい方は、第122話『畑を耕す』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第121話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第121話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり121話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第21週目第121話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。