あぐり第122話のネタバレあらすじ!畑を耕す

こちらでは、朝ドラ「あぐり」21週目第122話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第121話「とめの実家に疎開」では、家を失ったあぐりたちが、とめの実家の山梨に疎開するストーリーでした。

あぐりの第122話「畑を耕す」では、食べ物をなかなか調達できず、あぐりが自ら畑を耕すストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年8月26日(火)放送
第25週サブタイトル『母と子の暑い夏』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第122話のネタバレあらすじ

ここからは、8月26日に放送された朝ドラ「あぐり」第122話のあらすじをまとめたネタバレです。

他人に食料を分け与える余裕などないと、太田とめ(細川ふみえ)の姉・あさ子が話すのを聞いてしまう望月あぐり(田中美里)
これ以上とめに迷惑はかけられないと、農家を回り、自分の服などと交換しながらなんとか食料を調達する。
さらに野菜を育てようと慣れない畑仕事を始めるあぐりに、とめの幼なじみである冨士夫が何かと手助けしてくれる。
その頃、岡山では望月健太郎(里見浩太朗)が、慣れない田舎暮らしに苦労するあぐりや、片桐真二郎(中山仁)をなくしたショックから立ち直れない望月光代(星由里子)を心配する。
今は家長となった望月勇造(若林久弥)と話し、あぐりたちを岡山に呼び寄せようと話していると、空襲警報が鳴り響く。

 

ここまでが、8月26日に放送された朝ドラ「あぐり」第122話のあらすじのネタバレです。

あぐり第123話のあらすじを知りたい方は、第123話『健太郎の電報』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第122話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第122話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり122話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第21週目第122話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。