あぐり第122話のネタバレあらすじ!畑を耕す

こちらでは、朝ドラ「あぐり」21週目第122話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第121話「とめの実家に疎開」では、家を失ったあぐりたちが、とめの実家の山梨に疎開するストーリーでした。

あぐりの第122話「畑を耕す」では、食べ物をなかなか調達できず、あぐりが自ら畑を耕すストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年8月26日(火)放送
第25週サブタイトル『母と子の暑い夏』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第122話のネタバレあらすじ

ここからは、8月26日に放送された朝ドラ「あぐり」第122話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり122話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

人の世話をする余裕はないと、とめの姉・あさ子(大島蓉子)が言うのを聞いてしまうあぐり。

あぐりは農家を回り、洋服と交換しながら食べ物を調達する。

そんなある日、岡山に大空襲があったと知らされ….

とめの幼なじみの宮士夫と息子の太郎が、あぐり親子の不慣れな球開生活を何かと助けてくれる。

ここまでが、8月26日に放送された朝ドラ「あぐり」第122話のあらすじのネタバレです。

あぐり第123話のあらすじを知りたい方は、第123話『健太郎の電報』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第122話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第122話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり122話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第21週目第122話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。