あぐり第130話のネタバレあらすじ!美容専門学校

こちらでは、朝ドラ「あぐり」22週目第130話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第129話「光代との別れ」では、あぐりが東京に戻らない理由を知った光代が、健太郎を呼び出し岡山に帰るストーリーでした。

あぐりの第130話「美容専門学校」では、東京に戻ったあぐりに美容専門学校をまかせる話が持ち上がるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年9月4日(木)放送
第27週サブタイトル『夢ふたたび』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「あぐり」を見逃した方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第130話のネタバレあらすじ

ここからは、9月4日に放送された朝ドラ「あぐり」第130話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり130話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

昭和5年2月、光代がこの世を去り、あぐりに美容専門学校を任せる話が持ち上がる。

市ヶ谷にあぐりが帰ってきたという噂を聞き、作家の平山真佐子(吉行和子)がやって来る。しかし、美容を再開しないと聞きがっかり。「あなたのお店は本当に居心地がよかったのよ」と言う。

淳之介は女学校の英語教師となり、行方の知れなかった諒子(大路恵美)は、再開したカフェ・セ・ラ・ヴィでジャズ演奏を始める。

そこに、疲れた様子の世津子(草笛光子)が現れる。

ここまでが、9月4日に放送された朝ドラ「あぐり」第130話のあらすじのネタバレです。

あぐり第131話のあらすじを知りたい方は、第131話『燐太郎のお願い』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第130話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第130話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり130話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第22週目第130話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。