あぐり第134話のネタバレあらすじ!「婦人現代」の復刊

こちらでは、朝ドラ「あぐり」23週目第134話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第133話「新しい美容院」では、あぐりの新しい美容院が完成し、沢子と一緒に再び働き始めるストーリーでした。

あぐりの第134話「「婦人現代」の復刊」では、淳之介が世津子に「婦人現代」を復刊させようと訴えるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年9月9日(火)放送
第27週サブタイトル『立ち直る力』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第134話のネタバレあらすじ

ここからは、9月9日に放送された朝ドラ「あぐり」第134話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり134話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

あぐりの美容院に新しい弟子の生田千花(麻生かおり)がやってくる。

淳之介は燐太郎(野村宏伸)から渡された「婦人現代」のバックナンバーを読み、復刊させようと世津子(草笛光子)を説得して編集部で働き始める。

しかし、当の燐太郎は世津子から復刊第1号に依頼された小説を書けずにいた。

再び美容院を建てたあぐり。

新しい時代になり、18歳の新弟子・生田千花に「意外と古いんですね」と言われ、あぐりと沢子は戸惑うことばかり。

ここまでが、9月9日に放送された朝ドラ「あぐり」第134話のあらすじのネタバレです。

あぐり第135話のあらすじを知りたい方は、第135話『三角関係』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第134話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第134話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり134話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第23週目第134話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。