あぐり第33話のネタバレあらすじ!燐太郎との出会い

こちらでは、朝ドラ「あぐり」6週目第33話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第32話「エイスケの家」では、エイスケの家に着いたあぐりだったが、中から芸者の鈴音が出てくるストーリーでした。

あぐりの第33話「燐太郎との出会い」では、エイスケの留守中に燐太郎がやってきて、あぐりと初めて会うストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年5月14日(水)放送
第6週サブタイトル『はじめての東京』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第33話のネタバレあらすじ

ここからは、5月14日に放送された朝ドラ「あぐり」第33話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり33話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 朝ごはんを作るも失敗してしまう
  • お金を盗まれた話をして、エイスケが作ってると出かける
  • 燐太郎が尋ねてきて、書き上げた詩集を置いていく
  • エイスケが大金を持って帰ってくる
  • 鈴音からパトロンがいることを聞かさる

翌朝、エイスケをたたき起こす川村あぐり(田中美里)

目覚めた望月エイスケ(野村萬斎)が腹が減ったというので、早速朝ごはんを作る。

料理をしている途中、料理の本があるかもしれないとエイスケに部屋にいくと、置いてあった本に魅入ってしまい、料理は焼け焦げに。

すると、お隣の岩淵うめ(菅井きん)と岩淵春子(川俣しのぶ)がやってきて、あれほど火には気をつけろといったのにとあきれる。

そこへ散歩にでかけていたエイスケもやってきて、惨状に笑い出す。

二人はしかたなく、岩渕家で朝食をご馳走してもらうことになった。

お金

家に戻ると、あぐりはお金の話をする。

汽車の中でお金を盗まれて一文無しだと告げると、自分がお金を作ってくるとエイスケはどこかへ出かけていった。

訪問

エイスケの留守中、辻村燐太郎(野村宏伸)が尋ねてきた。

燐太郎は、書き上げたばかりの詩集を手渡し、意見が聞きたいからエイスケに読んでほしいとお願いした。

夕方

夕方、エイスケが大金を持って帰ってきた。

こんな大金どうしたのかと聞くが、悪いことして稼いだお金じゃないと答えた。

パトロン

あぐりが、居間で眠りこけていると、いつの間にか鈴音(小林恵)が家にあがっていた。

起きるなり、大金も出しっぱなしで無用心だと叱られる。

その大金をエイスケが用立ててくれたことを知った鈴音は、またあのおばさんかとつぶやく。

あぐりは、誰なのかと聞くと、エイスケのパトロンだと答え、文士にはパトロンはつき物だと話す。

ここまでが、5月14日に放送された朝ドラ「あぐり」第33話のあらすじのネタバレです。

朝食作りに失敗しましたが、ある人の協力のもと特訓するんですよね、、、

あぐり第34話のあらすじを知りたい方は、第34話『岡山へ帰れ』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第33話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第33話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

料理

エイスケがお腹すいたというので、朝ごはんを作ることになったあぐり。

あの米の研ぎ方からして、この人料理作ったことがないなと見破るエイスケ。

あんなに水を入れて炊こうとしていたんなら、本当にやばい次元のヤツでしたが、案外失敗するんじゃないかと思っていたかもしれません。

火の元は絶対離れちゃいけませんが、よく消防の方がきてくれたものです。

お隣さんが呼んでくれたのかもしれませんが、最悪の場合、散歩から帰ったら家なくなっていたというコントのような展開になっていたかも、、、

しかたなく、二人はお隣さんの家で朝食とることになりましたが、この嫁姑はよくしゃべりますね~~

ほとんど食べている間しゃべっていましたが、内容がお互いの文句ばっかり。

私も姑とは仲良くやっているほうだと思いますが、あそこまでいえる関係ではないし、なれるわけがない!!!!

ただ、ちょっと素敵な関係だな~と思いましたw

お金のありがたみ

今回のお金のことで感じたのは、二人はまったくお金のありがたみが分かっていないこと。

お金に対する執着がない以前に、世間をまったく知らない二人といった印象が強く現れていました。

厳しい言葉でいえば、二人とも親のすねかじりで、親を打ち出の小槌のように考えているんでしょうか?

どういう表現が一番適切なのか考えると、コレっていうものが思いつきませんが、おそらく二人とも「なんとかなる」という感覚なんでしょうね。

だから、今回も「なんとかなった」という感じです、、、

干し方

今日もまた燐太郎が見れてうれしい一日w

あぐりと二人で話をしていましたが、あの干し方斬新すぎでしょ!!!

乾けばいいんですって、あれ結んでいるところそう簡単に乾きませんよ?

しかも洗濯物たった2枚って少なすぎでしょう!

理解不能な一日でした。

以上が、朝ドラ「あぐり」第6週目第33話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。