あぐり第36話のネタバレあらすじ!オムレツ

こちらでは、朝ドラ「あぐり」6週目第36話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第35話「チェリー山岡との出会い」では、喫茶店「カフェセラヴィ」でチェリー山岡と出会うストーリーでした。

あぐりの第36話「オムレツ」では、エイスケが自ら作ったオムレツをあぐりにごちそうして、翌日姿を消すストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年5月17日(土)放送
第6週サブタイトル『はじめての東京』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第36話のネタバレあらすじ

ここからは、5月17日に放送された朝ドラ「あぐり」第36話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり36話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 世津子が原稿を取りに来るが、一行もかけていなかった
  • 岡山に帰りなさいといって帰っていった
  • 仕送りが届き、隣人にすき焼きをご馳走する
  • 燐太郎の取材中に酔っ払ったエイスケが絡む
  • 燐太郎が家に連れて帰る
  • エイスケが料理を作り始める
  • 翌日、仕送りとともに姿を消す

訪問

ある日、上原世津子(草笛光子)がエイスケの家にやってきた。

約束していた小説を受け取りに来たのだが、一行も書けないてないと話す望月エイスケ(野村萬斎)

それを知った世津子は、岡山に帰りなさい!と語気を荒げ帰っていった。

仕送り

世津子が帰った後、仕送りが届く。

今晩すき焼きをやろうと川村あぐり(田中美里)が提案し、その夜、お隣の岩渕家を呼んで、豪勢なすき焼きをご馳走した。

カフェセラヴィ

その頃、カフェセラヴィでは、辻村燐太郎(野村宏伸)が新聞記者から取材を受けていた。

そこへ酔っぱらったエイスケがやってきて絡むがそのまま寝てしまう。

燐太郎は、取材が終わると酔いつぶれたエイスケを背負って家まで連れ帰ってきた。

あぐりがエイスケの力になって欲しいとお願いするが、燐太郎は今の自分は助けにならないと答えた。

翌日、あぐりが縁側で雲を見ているとエイスケがやってきた。

あの雲はどこに流れていくのかなと聞くと、あぐりは風が決めることだからと答える。

「風」と聞いたエイスケは、笑顔になり突然オムレツを作り始める。

また消えるつもりだと感じたあぐりは、とっさに仕送り見つからない場所に隠す。

エイスケの優しさは自分の前から姿を消すシグナルだと知っていたあぐりは、その晩引き止めもせず、夕食を楽しんだ。

翌朝

翌朝、隠しておいた仕送りのお金とともにエイスケは姿を消していた。

あぐりはやられたと零し、笑顔でいってらっしゃいと口にする。

ここまでが、5月17日に放送された朝ドラ「あぐり」第36話のあらすじのネタバレです。

エイスケが姿を消しましたが、あぐりも自分の道を進み始めるんですよね、、、

あぐり第37話のあらすじを知りたい方は、第37話『マネキンの代役』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第36話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第36話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

廃人

冒頭から廃人と化しているエイスケ。

せっかく世津子がとりもった話も、どぶに捨てるような真似をしちゃって、、、

そりゃ世津子さんだって怒って帰りますよ。

でも岡山に帰れっていうのも本心ではないんでしょうね。

お金のありがたみ

ここ数日、あぐりとエイスケに対するお金の扱いにちょっとイライラしている今日この頃w

仕送りがきたからラッキーみたいな間隔どうなんですか?

お金のありがたみをどこかでビシッと教えてあげて欲しいと本気で思いました。

健太郎が汗水流して稼いだ金を手に入れた瞬間、隣人を呼んですき焼きって、、、、

もしも自分が稼いだお金を子供たちの生活のために送って、ありがたみも分からないまま使われたら少し悲しい気持ちになりました。

ただ、少しだけ救われたのは、岩渕の嫁姑のやりとり。

あぐりが、お互い思いやってるんですよねみたいなことを言ったときに「へ?」みたいな顔をお互いしたときは、ちょっと吹いてしまいました。

あんな息のあった嫁姑がうらやましいw

燐太郎

いつも優しい燐太郎。

今日もまた燐太郎が登場!

そんなに出番は多くないけど、出れば出るだけ燐太郎の優しさが垣間見えますよね。

家に連れ帰って、あぐりからエイスケの力になってほしいとお願いされときも、普通の人なら「分かった」とかいいそうですが、燐太郎は今の自分じゃ助けにならないってこの正直者!!!

燐太郎はこのまま成功者としてエイスケの対比として描かれるのか、またエイスケもまた同じ高みに上り詰め切磋琢磨していくのか楽しみです!

優しさがシグナル!

エイスケの優しさが姿を消すシグナルってそんなシグナルいらんわいw

姿を消すぐらいならと思ったけど、そもそも優しさで姿を消すなという話。

本当にこの夫婦は、お金のことといい、いつまでも子供のままなんでしょうw

以上が、朝ドラ「あぐり」第6週目第36話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。