あぐり第53話のネタバレあらすじ!あぐりの土下座

こちらでは、朝ドラ「あぐり」9週目第53話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第52話「結婚を申し込む」では、沢田がチェリー山岡に結婚を申し込むストーリーでした。

あぐりの第53話「あぐりの土下座」では、長堀夫人の圧力で出版が白紙になったことに責任を感じたあぐりが、土下座をして謝罪するストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年6月6日(金)放送
第9週サブタイトル『先生の醜聞(スキャンダル)』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第53話のネタバレあらすじ

ここからは、6月6日に放送された朝ドラ「あぐり」第53話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり53話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 長堀夫人から圧力をかけられ、出版が白紙になる
  • 世津子が誤解だと訴えるが聞き入れてもらえない
  • あぐりが世津子と一切関係ないと訴えるが聞き入れてもらえない
  • エイスケが美顔マッサージにやってくる

圧力

文潮出版の社長から雑誌の件を白紙にしたいと連絡が入った上原世津子(草笛光子)はあぐりのもとへ向かった。
エイスケの小説を長堀俊介先生の夫人に渡したのかと確認すると、渡したと答える川村あぐり(田中美里)
実は、文潮出版から雑誌の件を白紙になったのは、長堀夫人の圧力がかかったからだったのだ。

誤解

長堀夫人から圧力をかけら、出版の話が白紙になってしまったが、誤解を解くために世津子は長堀家を訪ねた。
世津子は長堀の昔の恋人で、長堀への復しゅうのために、望月エイスケ(野村萬斎)を作家として育てているのだろうと勘違いしていたのだ。
そのことで、長堀夫人に誤解だと訴えるが、この世界にあなたのような人間が入り込むのを認めるわけにはいかないと言われる。

お願い

世津子と長堀先生のことを聞いたあぐりは、責任を感じ長堀夫人を訪ねる。
あぐりは長堀夫人に自分がエイスケの小説を渡したことは偶然で、世津子とは一切関係ないと土下座するが、聞き入れてもらえなかった。
そのことで、世津子に謝罪するが、世津子は気にしなくていいとあぐりを気遣った。

ご指名

落ち込んで店に戻ったあぐり。
すると、美顔マッサージのご指名のお客様が持っていた。
お客様のところへ向かうと、なんとエイスケだったのだ。
エイスケは美顔マッサージをして上機嫌。
あぐりは来てくれてありがとうと感謝の言葉を口にした。

ここまでが、6月6日に放送された朝ドラ「あぐり」第53話のあらすじのネタバレです。

あぐり第54話のあらすじを知りたい方は、第54話『金策に走る』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第53話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第53話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

確認です!

いきなり電話で雑誌の件白紙にしてくれって言われた世津子さん。
何事やと思っていましたが、あぐりが関係していたのがすぐに分かりましたね。
そのことで、わざわざお店までやってきて、長堀俊介先生の夫人にエイスケの小説を渡したのか確認しましたが、確定したことでひとまず、何が問題だったのかを把握。
当の本人は、なんのこっちゃ?って感じでしたが、鈴音から世津子と長堀俊介が昔恋仲だったことを知り、やっと事情を飲み込めていました。
いきさつとしては、これで大まか判明したのですが、一つ腑に落ちないことがあります。
それは、エイスケと世津子の関係を知ったことです。
なぜ、夫人がエイスケと世津子の関係を知ったのでしょう?
正直な話、エイスケが有名というわけでもないのに、なぜ周辺のことを知ることになったのか考えてみると、思い当たるのは文潮出版の社長です。
エイスケが掲載された雑誌が文潮出版だったかは確認できていませんが、もしも作品内容がよく、わざわざ文潮出版の社長になにか話をしたのなら、その流れで知ったのかもしれません。
ただそうなると、文潮出版の社長は、世津子と長堀俊介先生の過去のことを知っていたということは確定しているので、もしも夫人に知れたらと思わなかったんでしょうか?
その後のことも予想はつきそうなものですが、、、

エイスケの優しさ

あぐりの訴えもまったく受け入れられませんでした。
責任を感じて落ち込んでいるあぐりのために、一肌脱いだのが、夫・エイスケ!
エイスケってここぞとばかりに登場して、癒してくれますよね~
ああいう、のほほんとしたところがたまにムカつくところでもあるんですが、落ち込んでいるときは、さぞありがたいことでしょうw

以上が、朝ドラ「あぐり」第9週目第53話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。