あぐり第56話のネタバレあらすじ!母親の気持ち

こちらでは、朝ドラ「あぐり」10週目第56話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第55話「独りでおでかけ」では、あぐりと一緒に燐太郎と会う約束をしていたが、真知子が待ちきれずに独りででかけるストーリーでした。

あぐりの第56話「母親の気持ち」では、月に一度の休日に家へ帰るあぐりを真知子が非難するが、あとで母親の気持ちを知るストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年6月10日(火)放送
第12週サブタイトル『父の背中』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第56話のネタバレあらすじ

ここからは、6月10日に放送された朝ドラ「あぐり」第56話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり56話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

月に一度の休日、家へ帰るあぐりに「都合のいいときだけ母親面する」と非難する真知子。

「婦人現代」編集部では働く女性の評論に子どもの言い分も必要と真知子に取材する。

真知子はあぐりも子どものことなど考えてないと言うが、淳之介を抱いて眠るあぐりの幸せそうな顔を見て、母親の気持を知る。

あぐりのおかげで母親の気持に気づいた真知子は心を開き、山岡家は明るさを取り戻す。

働く母親について聞かれた真知子は、あぐりも子どものことなど考えてないと批判する。

休みの日に淳之介を抱いて眠るあぐり。エイスケは「あぐりが夢中で働くのは夢を持って生きていることを淳之介に見せたいからだ」と真知子に言う。あぐりが一番幸せなときだな。母親はね、何も考えずにただ子どもを抱いているときが一番幸せなんだ。

ここまでが、6月10日に放送された朝ドラ「あぐり」第56話のあらすじのネタバレです。

あぐり第57話のあらすじを知りたい方は、第57話『光代と健太郎』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第56話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第56話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり56話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第10週目第56話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。