エール第16話のネタバレあらすじ!国際作曲コンクールに挑戦

こちらでは、朝ドラ「エール」4週目第16話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第15話「村野鉄男との再会」では、ついに裕一の運命を変える国際作曲コンクールに挑戦するストーリーでした。

エールの第16話「国際作曲コンクールに挑戦」では、ついに裕一の運命を変える国際作曲コンクールに挑戦するストーリーとなっています。

朝ドラ『エール』
2020年4月20日(月)放送
第4週サブタイトル『君はるか』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第16話のネタバレあらすじ

ここからは、4月20日に放送された朝ドラ「エール」第16話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール16話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーになります。

  • 志津に振られて黙々と仕事をする裕一
  • 1年経っても志津に振られたことを引きずる裕一
  • 行員たちが裕一を励まそうと色々頑張るがすべて失敗に終わる
  • 鉄男にオペラ歌手「双浦環」の取材の仕事が舞い込む
  • 音楽雑誌に国際作曲コンクールの募集を発見する鉄男
  • 裕一の国際作曲コンクールに応募するよう薦めるが乗り気でない裕一
  • 行員たちが音楽で裕一を励まし、コンクールに応募するよう薦める
  • 1年ぶりに笑った裕一はコンクールに挑戦することになる
  • 再び作曲に挑戦するが、何も浮かばない裕一
  • 音は歌手になる夢を叶えるために歌のレッスンを受ける
  • 音が家に帰ると吟からいきなり見合いをお願いされる

志津に振られた裕一

き、、、君のことが、、、 好きです。

フフフ、、、アハハハ、、、!

えっ?

近づいて ほれさせてここぞっていう時に 『バーカ』ってやってやろうと思ってね。

じゃあね~お坊ちゃま。大人になるのよ。

ダンスホールで出会い惚れた志津が実は幼なじみのとみで、こっぴどく振られてから裕一の心は空虚になっていました。

黙々と仕事に取り組む窪田正孝演じる古山裕一を見て、

振られたのに変わりないですね。

さすが未来の頭取だわ!

初恋の相手・志津に弄ばれ傷ついた裕一は、もはや仕事に打ち込むしかありません。

君、バカなの?

えっ?

どう見たって、変だべ。 朝から ず~っと仕事してんだぞ。

あっそうですね 変だ! 確かに変だわ!

その様子を遠くから見守る行員たち。

今は そっとしといてやっぺ。 男の傷を癒やすのは時間しかねえ。

独身の支店長、相島一之演じる落合吾郎が決めゼリフを言います。

どのぐらいの時間が必要ですか?

1年だな。

1年も!?

ありゃただ女に振られただけじゃねえ。 静か~に見守ってやっぺ。

男になんのに必要な時間ね。

一年後

1年後。

いつになくご機嫌の風間杜夫演じる叔父の権藤茂兵衛

茂兵衛は、裕一が熱心に仕事に身を入れていると聞き、ようやく養子として迎えられると安堵していました。

裕一が心入れ替えた。 仕事に身を入れてるそうだ。

熱心に仕事されてて、、、はい、、、。

松坂が逐一 茂兵衛に報告していたのでした。

私 裕一さんに大変信頼されております、 先輩の松坂と申します。

裕一の様子は未来の頭取に取り入って出世を狙っている望月歩演じる松坂寛太が、逐一電話で茂兵衛に報告していたのでした。

行員たちが裕一を励ます

1年です、、、

1年たっても裕一は、相変わらず魂ここにあらずな状態で心配そうに覗き見をする行員たち。

時は万能でなかった。

1年経ってもまだ失恋のショックから立ち直れず、裕一はもぬけの殻のように、黙々と仕事を続ける日々を続けていました。

何かと結託して作戦を立てることに執念を燃やす行員たちは今度は裕一を立ち直らせる作戦を練ります。

松尾諭演じる鈴木廉平は、お酒を飲ませて元気にさせる作戦を決行しました。

陽気に踊り、いい感じに裕一を酔っ払わせるのですが、、、

翌日にはすっかり元に戻っている裕一。

お酒作戦はいい考えだと思ったけど、、、

だべ?

失敗は失敗だ。

作戦は失敗でした。

彼を元気づける作戦ほかにあっか?

支店長の落合は気が気ではありません。

彼が好きなものは何だ?

音楽ですよね。

鈴木が即座に答えます。

それだ! 誰か楽器できっか?

そんな行員たちのがんばりとは別に、仕事に没頭していた裕一に人生の転機が訪れようとしていました。

鉄男の仕事

おいテツ~

はい!

その頃、出版社で働く中村蒼演じる村野鉄男は編集長に呼ばれます。

双浦環知ってっか?

はい?

バーカ。世界的なオペラ歌手だ。

おまけに美人だ。今度 福島で ニコンサートやるみてえだから

おめえ記事書け。

美しき世界的オペラ歌手、双葉環が今度福島でコンサートをやるのでその記事を鉄男が書くよう命じられました。

ようやくお店の食レポ以外の記事を任された鉄男は喜び、渡された資料の「世界音楽」という雑誌を熟読します。

そこであるページを見つけました。

そこには「国際作曲投稿募集」と書かれていました。

川俣銀行を訪ねる鉄男

行員たちが、裕一のことで話をしているとお客さんがやってきました。

ご用件をお伺いします。

あっ、あいつに。

古山君 お客さん。

幼なじみで新聞社に勤めている鉄男が、川俣銀行を訪ねにきました。

これ見てくれ。

裕一に『世界音楽』を見せに来たのです。

鉄男に差し出されても裕一はその本を手に取ろうともしません。

音楽を避けてえ おめえの気持ちは 理解できる。

でも、、、 このページだけ見てくれ。

そこには『国際作曲投稿募集』の文字がありましたが、裕一はとっさに目を背けます。

国際作曲コンクールの 募集だ。ほら。

英國音楽雑誌社エスター主催作曲コンクールの特別審査委員には、イゴル・ストラヴィスキーや、モーリス・ラヴェル、レナード・ボーウェン、ラファエル・ビアンキなどが名が連なります。

お前が好きなストラヴィンスキーが審査員だぞ。なっ?

実は祐一は、ストラヴィスキーのことが好きだったのです。

挑戦するのはタダだから、と勧める鉄男の言葉にも気乗りしない裕一。

これから行く双葉環の取材に同行しないかと誘っても小さく首を横に振るだけ。

お前、、、 このままじゃ駄目になっぞ。

無理にとは言わねえ。気が向いたらでいい。

俺は諦めねえから。また来る

裕一はわかってはいるのです。

自分を心配し、音楽を諦めるなと応援してくれる鉄男の気持ちが、、、

行員たちの応援

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

再会したときの鉄男の言葉が頭を過ぎり、気がつけば手にハーモニカを持っていました。

そこへどこからかハーモニカの音色が響いていました。

自分の部屋を出て仕事部屋を覗くと、意外なことに松坂がハーモニカを吹いていたのです。

僕ら 古山君のこと 元気づけたくて、、、。

好きなんだろ? 音楽。

松坂は音楽が好きな裕一を元気付けようとします。

カンカン帽を被りキザに登場した落合は、

お友達からもお願いされた。

といいます。

鉄男は行員たちにも国際作曲コンクールのことを伝え、裕一の背中を押してほしいと頼んでいたのです。

さらにカウンターの向こうから飛び出てくる鈴木は、

国際作曲コンクール応募してみたら?

女優のように階段を降りてくる堀内敬子演じる菊池昌子は、

いつまでもウジウジしてたら

あの志津っていういけすかねえ女の 思うつぼだよ。

といって、最後は4人でポーズを決めます。

そのヘタなミュージカルのような滑稽さに、思わず笑みをこぼす裕一。

おっ 笑ったぞ!。1年ぶりに笑った!

アハハ よかった!!

みんなが口々に裕一に言います。

古山君。古山君の仕事は俺たちがやっから。 挑戦してみ?

古山君ならできる!

いがった、、、 本当に、、、。

作曲に再挑戦する裕一

行員たちの励ましもあって、ようやく裕一は再び作曲をする気持ちになりました。

しかし、いざ譜面を広げてもなかなかメロディーが浮かびません。

鉄男が残していった『世界音楽』をめくっていると双葉環の記事がありました。

きれいだ~。

果たして裕一は、音楽から離れていた長いブランクを埋めることができるのでしょうか。

歌のレッスンを受ける音

一方、豊橋では、成長した二階堂ふみ演じる関内音が、プロの歌手を目指して日々、歌のレッスンに励んでいました。

歌の指導をするのは、海外から帰国した音楽教師・御手洗清太郎です。

マーベラス! ファンタスティック!

あなたね 見込みがあるわ。 私の教室に通いなさい。

一流の歌い手にしてあげる。

先生!

あの先生、、、

だから『先生』はやめなさいって!

先生と呼ばれることに不快感を示す古川雄大演じる御手洗清太郎

音が昔何かあったのかと聞くと、長くなるからおいおいねといい、話をはぐらかします。

そうね。ミュージックティーチャーと呼びなさい。

一風変わった先生でしたが、音は見込みがあると言われ、そのレッスン教室に通うことになりました。

吟からのお見合い相談

そんなある日のこと。

ただいまー。

音遅いじゃん! こっち来て。ほら早く。

音が家に帰ると、松井玲奈演じる姉の関内吟が慌てて音をリビングに呼びました。

お願い。見合いして!

そこには冴えないキザ男のお見合い写真が、、、

これと!?

さて、音の運命はどうなるのでしょう。

ここまでが、4月20日に放送された朝ドラ「エール」第16話のあらすじのネタバレです。

エール第17話のあらすじを知りたい方は、第17話『関内音のお見合い』へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール16話と実話の比較です。

鉄男が国際作曲コンクールの応募を勧めた話は実話か?

エールでは、鉄男が国際作曲コンクールの応募を勧めていましたが、これは実話ではありません。

というのも、裕一のモデルは古関裕而さんですが、自叙伝では一言も国際作曲コンクールのことは語られていないのです。

こちらについては「【エール実話】裕一に鉄男が国際作曲コンクールの応募を勧めた話は本当!?定期購買していたおかげです?」で詳しくまとめています。

 

朝ドラ「エール」第16話の感想まとめ

朝ドラ「エール」の感想
こちらは、朝ドラ「エール」第16話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、エール16話では、ついに裕一の運命を変える国際作曲コンクールに挑戦する回でした。

国際作曲コンクールを薦める鉄男

国際作曲コンクールの審査員には、ストラヴィンスキーの名前がありましたね。

ストラヴィンスキーといえば火の鳥ですが、火の鳥は『復活』を意味するので、裕一の復活を暗示しているのかもしれません。

それにしても鉄男は自分を唯一励ましてくれた裕一のために、何年も会っていなくても心配して、励まして、元気付けてくれるいいヤツです。

さすが、筋を通す男!

裕一を救うきっかけを作ったのは、やっぱり幼なじみのガキ大将こと鉄男ですよね。

裕一を元気付けようとする劇団員の方々

裕一を元気付けようとする行員の人たちは本当に人のよさそうな方ばかりです。

息の合った掛け声は何度も練習したのかなと想像してしまうくらい。

それにしても川俣銀行の皆さんは、ますます劇団員感が強くなっているのは気のせいでしょうかw

やばいキャラの御手洗清太郎先生登場!

ついに、やばいキャラの濃そうな先生が登場しましたねw

その名も御手洗清太郎!

御手洗清太郎を演じるのは、ミュージカル界のホープとも言われている古川雄大さんですが、あそこまで吹っ切れた演技はさすがです。

いい先生なんでしょうけど、濃すぎて内容が入ってきませんでしたw

「国際作曲コンクール」で入賞!?

養子にさせるまで長かったですが、銀行の仕事に真面目に取り組むようになった裕一に安堵した茂兵衛の今後が気になるところです。

というのも、ネタバレになりますが、裕一はその「国際作曲コンクール」で入賞します。

それがきっかけで、また作曲の道へ進もうとするので、跡取りにしようと思っていた茂兵衛からすると試練の道かもしれませんねw

以上が、朝ドラ「エール」第4週目第16話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第4週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第4週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第4週目のネタバレあらすじ

16話放送のエール第4週「君はるか」は、裕一が国際作曲コンクールに入賞するという快挙に音がファンレターを書くストーリーとなっています

第4週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第4週「君はるか」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。