あぐり第38話のネタバレあらすじ!健太郎が上京

こちらでは、朝ドラ「あぐり」7週目第38話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第37話「マネキンの代役」では、銀座山岡美容院へあぐりが行くと、急きょけがをしたマネキンの代役をするストーリーでした。

あぐりの第38話「健太郎が上京」では、仕事で上京した健太郎がエイスケの家に行き、質札を見つけて嘆くストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年5月20日(火)放送
第7週サブタイトル『夢は美容師』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第38話のネタバレあらすじ

ここからは、5月20日に放送された朝ドラ「あぐり」第38話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり38話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 健太郎が突然家にやってくる
  • 淳之介のことを尋ねる
  • 質札を見つけ、すべて買い戻す
  • 泥棒と間違われるも、二人の現状を知る
  • チェリー山岡の言葉で自分の生き方を問いなおす
  • 健太郎が岡山に帰ろうと訴える

エイスケ家

突然、エイスケの家にやってきた望月健太郎(里見浩太朗)

話を聞くと仕事で上京して立ち寄ったという。

健太郎がエイスケのことを聞くが、本当のことは告げずにエイスケが真剣に小説を書いていたいということが分かったと話す。

それを聞いて、望月家はどうなると口にするがあぐりに言ってもしょうのない事だと濁した。

すると、川村あぐり(田中美里)が淳之介のことを尋ねる。

健太郎はうれしそうに淳之介の様子を話すが、さみしそうな顔をするあぐりを見て、話題を変えた。

このとき、健太郎は、早く淳之介と暮らさせてやらなければと心に誓った。

質札

翌日、先にでかけたあぐり。

健太郎も外出しようと、鍵が入っている茶箪笥をあける。

すると、そこにはたくさんの質札が入っていた。

健太郎は、その質札を持って、すべて質に入れた物を買い取ることにした。

泥棒

家に戻ると隣のうめと春子に泥棒と間違われる。

誤解が解け、二人の生活のことを尋ねると、あぐりがお金を盗まれたことや望月エイスケ(野村萬斎)が全部持ってどこかへ行ってしまった事を知る。

先生の世界

一方、あぐりは、この日もマネキンの代役をやっていた。

チェリー山岡(名取裕子)と話をしていると「日本の女性を世界に通じるようにしたい」という話を聞く。

帰ろう

家に戻ると、チェリー山岡の言葉を思い出し、 これまでの自分の生き方を問いなおす。

すると、健太郎が戻ってきて、明日一緒に岡山を帰ろうと言い出した。

ここまでが、5月20日に放送された朝ドラ「あぐり」第38話のあらすじのネタバレです。

岡山に帰ろうというのですが、帰らないんですよね、、、

あぐり第39話のあらすじを知りたい方は、第39話『岡山へ帰ろう』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第38話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第38話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

鍵の閉め忘れ

突然、エイスケの家にやってきた健太郎ですが、まさかの家の中に!

勝手に入ったのかいと思ったら、鍵を開けっ放しにしていたとはなんとも無用心な、、、

ただ、玄関じゃなくて縁側の窓が開けっ放しだったといってましたが、どこか開いてないか見て回ったってことじゃないですかw

たしかに開けっ放しだったのは無用心ですが、家の敷地内に入って鍵開いてないか見て回っていたら泥棒と間違われていかたない行為ですけどね、、、

子供

あぐりが淳之介のことを聞いていましたが、あの悲しいそうな表情。

最初は、近況を知りたいあぐりのために元気な様子を伝えていた健太郎もあの表情を見たら、早く暮らさせてあげたいと思うのは、当然の考えです。

小さいころに子供と離れ離れになるなんて考えるだけでもゾッとなりますが、早く子供と再会させて欲しいです。

二人の関係が明らかに!

あらすじでは特にまとめませんでしたが、世津子と健太郎の過去の話が明らかに!!

なんと健太郎が世津子を捨てて岡山に戻っていたとは、、、

やはり二人は過去できていたんですね。

そういえば、望月家は健太郎が1代で作ったものでしたっけ?

ちょっと調べる気力がないんですが、世津子を捨ててまで岡山に戻ったとなると、あまり人のことは言えませんよね。

世津子は世津子で、もう過去のことだといってましたが、案外こういうところサバサバするんですよね女性は。

店も繁盛してそうだし、東京でうまくやっているので、そこまで未練はないのかもしれません。

影響されやすい

あぐりが、チェリー山岡の話を聞いて、100%影響受けていましたね。

考えとしては先端を走っていて、全然悪くない考えですが、影響をすぐ受ける体質はどうかなとちょっと心配。

民子みたいに男をほいほい好きになる感じのタイプではないですが、影響を受けて、突っ走るタイプのような気がするので、今後どうなるか楽しみです!

以上が、朝ドラ「あぐり」第7週目第38話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。