あぐり第42話のネタバレあらすじ!チェリー山岡の試験

こちらでは、朝ドラ「あぐり」7週目第42話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第41話「夢を応援」では、光代が、あぐりの夢を応援するストーリーでした。

あぐりの第42話「チェリー山岡の試験」では、再度チェリー山岡に弟子入りの志願をしにいったあぐりが、試験を受けるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年5月24日(土)放送
第7週サブタイトル『夢は美容師』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第42話のネタバレあらすじ

ここからは、5月24日に放送された朝ドラ「あぐり」第42話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり42話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 100着の子供服を縫う試練を与えられる
  • 世津子が訪ね、光代が応対する
  • エイスケが帰ってきて縫うのを手伝う
  • 100着できるもすぐに手伝ってもらったことがばれる
  • 夫に手伝ってもらったことしり、合格を言い渡す

試験

再び弟子入りのお願いに銀座山岡美容室を訪れた川村あぐり(田中美里)

チェリーに弟子にしてほしいと願いすると、チェリー山岡は根性試しの試験を行うという。

それは、100着の子供服を、明後日までに一人で完成させるというものだった。

あぐりは、その試験を受けることにした。

来客

そのころ、エイスケの家に上原世津子(草笛光子)が尋ねていた。

先日、エイスケから新しい原稿が届いたことをあぐりに知らせるためだったのだ。

応対した望月光代(星由里子)は、世津子にエイスケがお世話になったと頭を下げた。

世津子はエイスケを連れ戻しに来たのか尋ねると、そうではなく岡山を出たことを聞きびっくりする。

試練

あぐりは家に戻ると早速子供服を縫い始める。

そんなあぐりを見て、光代は率先して家事・育児をこなす。

夜中、淳之介が熱をだしても、仕事を続けなさいと激を飛ばした。

帰宅

翌日、突然 望月エイスケ(野村萬斎)が戻ってきた。

あぐりはエイスケの帰宅にびっくりするも、それどころではなくひたすら縫い続ける。

完成

縫っているうちに寝てしまい、翌朝起きるとエイスケが手伝っていた。

そして、ついに100着完成したのだ。

それをもって、チェリー山岡(名取裕子)を訪ねると、すぐに誰かに手伝ってもらったことがバレる。

あぐりは正直に夫に手伝ってもらったと話すと、笑い出し、合格だと告げた。

ここまでが、5月24日に放送された朝ドラ「あぐり」第42話のあらすじのネタバレです。

合格したあぐりですが、早速やらかすんですよね、、、

あぐり第43話のあらすじを知りたい方は、第43話『子供たちの世話』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第42話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第42話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

本気です!

光代が応援するといい、早速また弟子入り志願しにいったあぐり。

そこで根性ためしの試験をすることになりましたが、その前に「私本気ですから!」の言葉をまったく信用しないチェリー。

本人もいってましたが、来る人来る人みな同じことをいって、耐え切れずにやめていっちゃったんでしょうね。

弟子入りしてどのようなことをまだ全貌は分かりませんが、そんなにすぐ辞めるということは、相当きつい仕事ということです。

ただ、後半になってちょっと分かったのが、チェリーの子供たちの面倒をみること。

ドラマでは、子供たちから拒絶されてあとで仲良くなるのは、あるあるパターンの一つですが、これが原因で皆やめていったのなら、子供相手に参ったというのと、なんでこんなことしないといけないんだの2パターンのような気がします。

弟子入りしてやりたいをやらせてもらえないのもドラマではよくあることですが、本気で美容師になりたい夢を持っているのなら、そこは我慢なんでしょう。

ただ、弟子たちのやりとりを見てると、人間関係で辞めていった線も捨て切れませんので、今後女性たちの醜い争いに要チェックですw

昔の女と正妻

そのころ、世津子がエイスケの家を訪ねていましたが、まさかの健太郎の昔の女と正妻が二人で会話するとは!!

しかもお互い大人の対応で、健太郎のことなんかそっちのけ。

光代の行動には驚いていましたが、案外二人は気が合いそうな気がしました。

エイスケの優しさ

いきなり帰ってきたエイスケ。

どこいってたんじゃい!っていいたいけど、あぐりのお手伝いをするところは、ちょっとほっこりしました。

ああいう優しいところがあるんですが、基本ダメ人間なんですよね~

よくある文士のイメージどおりの人というか、憎めないところがまた罪なんですw

以上が、朝ドラ「あぐり」第7週目第42話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。