あぐり第67話のネタバレあらすじ!生死をさまよう

こちらでは、朝ドラ「あぐり」12週目第67話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第66話「和解」では、引き抜かれた雪とチェリー山岡を和解させるストーリーでした。

あぐりの第67話「生死をさまよう」では、ろく膜炎にかかったあぐりが、意識が戻らないまま生死をさまようストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年6月23日(月)放送
第12週サブタイトル『でっかいお年玉』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第67話のネタバレあらすじ

ここからは、6月23日に放送された朝ドラ「あぐり」第67話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

チェリー山岡と雪を和解させた川村あぐり(田中美里)だったのが、その場で倒れて入院してしまう。
肋膜炎の症状がひどく、意識の戻らないまま生死の境をさまようあぐり。
岡山では、連絡を受けた望月健太郎(里見浩太朗)川村美佐(松原智恵子)たちが急いで東京へ向かっていた。
病院には、あぐりの病状を聞いて、次々と仲間達がやってくる。
医者からは本人の気力次第だといわれ、望月エイスケ(野村萬斎)は一睡もせずに付き添っていた。
夜中に辻村燐太郎(野村宏伸)が訪れ、エイスケはあぐりがいないと何も書けないと涙を流す。
そのころあぐりは、夢の中をさまよいながら、この世とあの世の狭間で亡くなった父や姉の姿を見つける。
父・川村晃(田村亮)や姉たちはあぐりにいっしょに行こうと誘うが、振り返ると、見知らぬ女性と楽しそうな雰囲気のエイスケの姿が。
その姿をみたあぐりは晃の誘いを断ってエイスケのもとへ向かう。
翌朝目がさめたあぐり。
エイスケは喜び、奇跡の生還となった。

ここまでが、6月23日に放送された朝ドラ「あぐり」第67話のあらすじのネタバレです。

あぐり第68話のあらすじを知りたい方は、第68話『エイスケの涙』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第67話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第67話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

入院

チェリー山岡と雪を和解させることに成功したけど、その場でどんバターンで倒れてしまったあぐりさん。
結局肋膜炎と診断されましたが、肋膜炎どんな病気か調べてみると、肺の外部を覆う胸膜に炎症が起こる疾患のことだそうです。
胸膜炎だけで発症するケースはあまりなくて感染症やがんが原因で炎症を起こしていることが多いとありました。
それをみた瞬間、もしかして「がん!?」と頭をよぎりましたが、まさかそんなまだ中盤で、朝ドラ「純情きらり」みたいにヒロインがやばいケースになっていくの?と思いました、、、
いや、さすがまだ美容院も開業していないのに、夢半ばにして闘病生活はないだろうと思っていましたが、まさかのあの人が登場しましたね。

そうです。あの人とはあぐりの父・晃。
朝ドラ「澪つくし」では、坂東久兵衛がかをるにこっちに来るな!と訴えて、命拾いしましたが、朝ドラ「あぐり」では、父親が連れて行こうとするとは、、、
怖や怖や、、、
そんなあぐりを助けたのが、夫・エイスケですが、あの助け方はさすがエイスケってところですよねw
エイスケが女性と一緒にいるのに腹を立てて、やっぱ現世に戻るわ~みたいな感じで、本当は涙ちょちょぎれるシーンなのに笑ってしまいました!
とりあえず、命が助かってよかったです!
以上が、朝ドラ「あぐり」第12週目第67話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。