あぐり第87話のネタバレあらすじ!民子の告白

こちらでは、朝ドラ「あぐり」15週目第87話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第86話「バイオリン教室」では、岡山から戻ってきた光代が、バイオリン教室に突然通い始めるストーリーでした。

あぐりの第87話「民子の告白」では、外出禁止されていた民子が、燐太郎の下宿先にやってきて気持を伝えるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年7月16日(水)放送
第18週サブタイトル『男と女の間には』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第87話のネタバレあらすじ

ここからは、7月16日に放送された朝ドラ「あぐり」第87話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり87話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

「婦人現代』編集部に警察官が押しかけ、その一人に「五十嵐少佐の奥様では」と民子は声をかけられる。

原稿や雑誌を押収していく警察官を前に、世津子は「真実や自由は卑劣な暴力で葬ることはできない」と言う。

世津子は、作家が血のにじむ思いで書いた原稿を汚らわしい手で触るなと官憲にたんかを切る。

数日後、夫に外出が禁止されていた民子は、燐太郎の下宿を一人で訪ね気持を伝える。

あぐりを介して燐太郎と出会った民子は、軍人の妻として今まで抑えていた自分を取り戻すかのように、急速に燐太郎に接近していく。

夫に外出を禁止された民子は、あぐりの心配をよそにある行動に移る。

あぐりの家に行くという書き置きを見て民子の夫が訪ねてくる。

心配したあぐりは世津子の店に民子を捜しに行く。

暴走する民子の気持に燐太郎は戸惑うばかり。

このまま下宿に泊めるわけにもいかず、あぐりの家に民子を送り届け、少し考えさせてほしいと。

燐太郎といると自分らしくいられるという民子に、燐太郎は「君の生きる場所はご主人との世界なんだ」と言う。

ここまでが、7月16日に放送された朝ドラ「あぐり」第87話のあらすじのネタバレです。

あぐり第88話のあらすじを知りたい方は、第88話『バラの花束』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第87話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第87話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり87話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第15週目第87話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。