あぐり第95話のネタバレあらすじ!森のお別れ

こちらでは、朝ドラ「あぐり」16週目第95話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第94話「和子の出産」では、あぐりが長女・和子を出産するストーリーでした。

あぐりの第95話「森のお別れ」では、特高警察に追われている森が、すき焼きをやろうと密かにお別れにやってくるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年7月25日(金)放送
第20週サブタイトル『別れの曲』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第95話のネタバレあらすじ

ここからは、7月25日に放送された朝ドラ「あぐり」第95話のあらすじをまとめたネタバレです。

世津子に「我が夫・エイスケ論」というテーマで原稿を依頼された望月あぐり(田中美里)は、頭を悩ませていた。
一方望月エイスケ(野村萬斎)は、カフェ・セラヴィで、警察に拷問を受け廃人となった川原を見かけ、ショックを受ける。
その頃、あぐりの家には、久しぶりに皆ですき焼きをつつきたくなったと鍋を持参で森潤(森本レオ)が現れる。
美容院の二階から、夜の街見つめる森とエイスケは、川原のことで、作家が自由な言葉で書けない世になってしまったことを嘆く。
森はエイスケに、この世が暗闇となってもお前は書き続けろと言う。
それから皆で陽気に騒いですき焼きを囲み、森はいつの間にか姿を消していた。
翌朝、あぐりの家やカフェ・セラヴィに警察が森を捜しにやってくる。
国家を批判する内容の論文を出し、特攻に目をつけられていた森。
昨晩、すき焼きと言いながらも別れの挨拶だったのだと気づくあぐりだった。

ここまでが、7月25日に放送された朝ドラ「あぐり」第95話のあらすじのネタバレです。

あぐり第96話のあらすじを知りたい方は、第96話『世津子のお別れ』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第95話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第95話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり95話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第16週目第95話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。