あぐり第94話のネタバレあらすじ!和子の出産

こちらでは、朝ドラ「あぐり」16週目第94話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第93話「美佐死す」では、美佐に結婚を勧めてくれてありがとうと感謝の気持ちを伝え、美佐が息を引き取るストーリーでした。

あぐりの第94話「和子の出産」では、あぐりが長女・和子を出産するストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年7月24日(木)放送
第19週サブタイトル『別れの曲』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第94話のネタバレあらすじ

ここからは、7月24日に放送された朝ドラ「あぐり」第94話のあらすじをまとめたネタバレです。

昭和10年夏、母・川村美佐(松原智恵子)がこの世を去って8ケ月経った頃、あぐりのお腹には二人目の子が宿っていた。
相変わらず家に寄り付かない望月エイスケ(野村萬斎)は、上海など海外を舞台に小説を書いていることを作家の平山から伝え聞く。
ある日、胎教に良いと光代のバイオリンを聞かされるなか、陣痛の始まった望月あぐり(田中美里)は、無事に長女「和子」を出産する。
その夜、母・美佐の夢を見たあぐりは、和子が母の生まれ変わりだと信じ、育てることを決意する。
エイスケは望月和子(新穂えりか)をとても可愛がり、毎日6時になると疾風のように現れ和子を入浴させ、それが終わるとまたどこかへ消えて行く。
出産後二ヶ月で、あぐりは仕事に復帰し、忙しい日々が戻る。
そんな時、上原世津子(草笛光子)があぐりに「婦人現代」の記事を書いて欲しいと頼みに来る。

ここまでが、7月24日に放送された朝ドラ「あぐり」第94話のあらすじのネタバレです。

あぐり第95話のあらすじを知りたい方は、第95話『森のお別れ』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第94話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第94話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり94話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第16週目第94話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。