あぐり第102話のネタバレあらすじ!未来の話

こちらでは、朝ドラ「あぐり」17週目第102話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第101話「二・二六事件」では、二・二六事件が起き、夜に民子があぐりのもとへやってくるストーリーでした。

あぐりの第102話「未来の話」では、エイスケが淳之介たちに明治の人が予想した未来の話をするストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年8月2日(土)放送
第17週サブタイトル『受験生の母』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第102話のネタバレあらすじ

ここからは、8月2日に放送された朝ドラ「あぐり」第102話のあらすじをまとめたネタバレです。

「婦人現代」の最終号が完成し、中村民子(笹峰愛)があぐりに届けに来た。
夫の死や辻村燐太郎(野村宏伸)への想い、今後どう生きるか、自分の気持ちに整理を付けるため、明日岡山に帰るという民子に、笑顔で別れを告げる望月あぐり(田中美里)
翌日、望月エイスケ(野村萬斎)は淳之介やその友達たちに、あらゆる物が機械化する夢のような未来を予言した新聞記事を聞かせる。
今と違って自由に生きられる時代がくると語り、未来を語った記念にと子ども達に写真を撮ってやる。
最近のエイスケは、上原世津子(草笛光子)森潤(森本レオ)の件で世の中に激しい怒りを持ち、プロレタリア寄りの小説を書くため、編集者と揉めていた。
さらに、あぐりの美容院の外壁には、パーマは外国かぶれだと批判する紙が張られ、激しく憤るエイスケ。
一方、宮大工を目指す安吉が、新潟に旅立つ日、望月淳之介(山田純大)はずっと友達だと言い、四人で撮った写真を渡す。
その夜、淳之介はエイスケに、機械化された未来に宮大工は要らなくなるのかという安吉の問いを話す。
エイスケは、「どんなに優れた機械でも、人間の愛には勝てない」と安吉に伝えて欲しいと答えた。
その翌日、新聞にはエイスケが筆を折るという記事が・・・。

 

ここまでが、8月2日に放送された朝ドラ「あぐり」第102話のあらすじのネタバレです。

あぐり第103話のあらすじを知りたい方は、第103話『パーマネントの自粛を!』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第102話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第102話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり102話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第17週目第102話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。