あぐり第14話のネタバレあらすじ!民子の駆け落ち

こちらでは、朝ドラ「あぐり」3週目第14話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第13話「自転車」では、エイスケに自転車を使うよう勧められるが、それを断りこっそり練習して足をけがするストーリーでした。

あぐりの第14話「民子の駆け落ち」では、民子が駆け落ちし、民子の母親があぐりのせいだと怒鳴り込んでくるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年4月22日(火)放送
第3週サブタイトル『謎の女』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「あぐり」を見逃した方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第14話のネタバレあらすじ

ここからは、4月22日に放送された朝ドラ「あぐり」第14話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり14話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

民子の駆け落ちが、結婚しているあぐりの悪影響だと父親が学校にどなり込んでくる。

あぐりを退学させようと父母や教師が集まる中、エイスケが現れ「あぐりは僕の大切な妻、あぐりを守るのが夫としての務めだ」と学校側と対決する。

同級生の父母たちが光代を呼び出し、あぐりを自主退学させようとしていることを、エイスケは知る。

けれども学校に現れたのはエイスケで、「あぐりには学校はやめさせない」と宣言する。

その様子を窓から見ていたあぐりは自転車で帰るエイスケに駆け寄る。

あぐりはこの瞬間からエイスケを愛し始めるのだ。

ここまでが、4月22日に放送された朝ドラ「あぐり」第14話のあらすじのネタバレです。

あぐり第15話のあらすじを知りたい方は、第15話『女性からのはがき』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第14話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第14話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり14話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第3週目第14話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。