あぐり第15話のネタバレあらすじ!女性からのはがき

こちらでは、朝ドラ「あぐり」3週目第15話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第14話「民子の駆け落ち」では、民子が駆け落ちし、民子の母親があぐりのせいだと怒鳴り込んでくるストーリーでした。

あぐりの第15話「女性からのはがき」では、あぐりが、エイスケあてのはがきを苳子から見せられるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年4月23日(水)放送
第3週サブタイトル『謎の女』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第15話のネタバレあらすじ

ここからは、4月23日に放送された朝ドラ「あぐり」第15話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり15話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 民子の居場所が分かる
  • 津島先生から励ますようお願いされる
  • 家に帰ると、苳子からはがきを手渡される
  • エイスケの女と主張するが、気にもしない
  • 光代があぐりが女に会いに行くと勘違いする
  • 民子を迎えにいくと、罵倒される
  • あぐりを買い物に連れ出し、健太郎がはがきの女に会いに行く

学校

翌朝、津島先生から民子の居場所が分かったと教えてもらった川村あぐり(田中美里)

相手の男性は怖くなってすぐに家に戻ったが、中村民子(笹峰愛)は東京の親戚の家にいたという。

津島は、処分については謹慎で済みそうだと話し、明日、朝一番の汽車で帰ってくるから慰めてやってくれとお願いした。

はがき

家に帰ると、ちょうど苳子に呼び止められる。

佐伯苳子(磯野貴理子)から1枚のはがきを手渡されると差出人に「世津子」という女性の名前が。

苳子はエイスケの女だというが、あぐりは気にする様子もない。

それから磯辺のもとへ向かったあぐりは、明日朝一番の汽車の時刻を聞く。

報告

苳子は光代にもはがきのことを報告していた。

望月光代(星由里子)は、あぐりが磯辺から汽車の時刻を聞いたことを知り、健太郎に相談する。

はがみの女に会いに行くと勘違いした光代は、望月健太郎(里見浩太朗)に代わりに会って来るようお願いする。

翌朝、民子を迎えにいくあぐり。

民子に会えたが、偽善者に同情されたくないと罵倒される。

挙句の果てに、民子の父からも娘に二度と近づくな!と言われてしまう。

落ち込む

その日の夕食時、落ち込むあぐりに望月勇造(若林久弥)が声をかける。

勘違いしている光代が、話をそらし、明日買い物に行こうと誘う。

そして、翌日、光代とあぐりは買い物にでかけ、健太郎は上原世津子(草笛光子)を駅まで迎えにいった。

ここまでが、4月23日に放送された朝ドラ「あぐり」第15話のあらすじのネタバレです。

健太郎が迎えに行きましたが、結局エイスケと会うんですよね、、、

あぐり第16話のあらすじを知りたい方は、第16話『世津子の言葉』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第15話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第15話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

やっぱりいい人

翌朝、津島先生が民子が見つかったとあぐりに教えてくれました。

やっぱりいい人ですよね。

話によれば、相手の男子生徒はすぐに怖くなって逃げたということですが、なんだか想像がつきます。

大方、民子に言い寄られ、駆け落ちしようと言われて、その時の勢いで駆け落ちしたものの冷静さを取り戻して家に帰ったという流れなんでしょう。

民子の駆け落ちもあぐりに対するあてつけのような気もしますし、お互い本気で愛したゆえの駆け落ちではなかったのではないでしょうか?

そんな彼女を心配していた津島先生は親友でもあるあぐりにすぐに知らせてくれるなんて本当にいい人。

しかも、帰ってくる汽車の情報まで教えてくれて励ましてやってくれって、まさに先生の鑑です!

思惑が外れる

一方、いまだ実家に入り浸っている苳子。

エイスケ宛のハガキが女性からのものだと知ると、早速あぐりに教える。

本人としては、旦那が他の女と関係を持っていると知って、嫌な思いをさせようという魂胆だったんでしょうが、まったく気にしていませんでしたよねw

エイスケよりも民子を迎えに行くことのほうが大切で、相手にもしていませんでした。

ことごとく思惑が外れ、逆に苛立ちを募らせたのが苳子さん。

そんなことばっかりするから、姑からも嫌われるんですよ、、、

勘違い

そして、苳子の母・光代さんも勘違いが多い、、、

あぐりが遊郭にいったこともエイスケをおもって行ったと勘違いしていましたが、今回も見事にやらかしていましたね。

そして、裏でどうにかしようというのが望月家のあるある行動。

今回も健太郎にお願いして、なんとか問題を解決しようとしていましたが、秘密の多い健太郎がまたしてもやらかしそうな展開ではあります。

遊郭の女とも知り合いだったし、今回の世津子のことを知っている様子でしたし。

さてさて、明日はどうなることやら、、、

以上が、朝ドラ「あぐり」第3週目第15話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。