あぐり第16話のネタバレあらすじ!世津子の言葉

こちらでは、朝ドラ「あぐり」3週目第16話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第15話「女性からのはがき」では、あぐりが、エイスケあてのはがきを苳子から見せられるストーリーでした。

あぐりの第16話「世津子の言葉」では、世津子がエイスケに原稿を返し、このままではだめになると一言言い残すストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年4月24日(木)放送
第3週サブタイトル『謎の女』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第16話のネタバレあらすじ

ここからは、4月24日に放送された朝ドラ「あぐり」第16話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり16話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 健太郎が世津子を迎えに行く
  • 東京を近いうち引き払うと伝える
  • エイスケの文才を埋もれさせておくのはもったいないと訴える
  • 世津子を裏切らないで欲しいとエイスケに訴える
  • 偶然世津子と出会い、誤解がとめる
  • 去り際に世津子からこのままではだめになると言われる

世津子を迎えに駅にいく望月健太郎(里見浩太朗)

会うなり、食事がしたいと近くの喫茶店に向かう。

上原世津子(草笛光子)は、健太郎の昔なじみで、エイスケの東京での世話を頼んでいたのだ。

健太郎は、望月エイスケ(野村萬斎)は跡継ぎにするのだから、東京は近いうちに引き払うと話す。

すると、世津子は、エイスケの文才を買っており、こっちで埋もれさせておくのはもったいないと訴えた。

他人の痛み

その夜、川村あぐり(田中美里)が一人落ち込んでいるところにエイスケがやってきた。

あぐりが、民子に拒絶されたことを話すと、最愛の人に裏切られて心の傷が深すぎるのだろうと気遣った。

東京の女

それから話題が変わり、東京の女の話になった。

あぐりは、自分が実家に帰ってもいいから、世津子を裏切らないでほしいとケイスケに訴える。

そんな真剣な顔のあぐりをみて、エイスケは笑いこけた。

偶然

次の日、あぐりはいつもの木に登り、悶々としていた。

するとそこである女性と出会う。

それから、エイスケが世津子のもとへいくと、なんとあぐりと世津子が一緒にいた。

あぐりがであった女性は、なんと世津子だったのだ。

二人の仲の誤解がとけ、あぐりは笑顔になる。

エイスケが自分が書いた原稿の話をふると、世津子は、出版社の編集長から「切れ味が無い」と言われたと話す。

見送り

世津子が岡山を去る日。

岡山駅で見送るエイスケに、世津子は「このままではだめになる」と言い残して帰っていった。

ここまでが、4月24日に放送された朝ドラ「あぐり」第16話のあらすじのネタバレです。

だめだといわれたエイスケが、あるきっかけで決意するんですよね、、、

あぐり第17話のあらすじを知りたい方は、第17話『健太郎のウソ』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第16話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第16話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

まさか!?

世津子を迎えにいった健太郎。

会うなり、旅館にいくかってまさか!?

いやいやいや、こんな朝っぱらからそんなことを考えるなんて破廉恥なと思っていたら、同じ反応する人がSNS上で多数w

それに、家に乗り込むほど「ヤボテン」じゃないという言葉がでるということは、昔二人の間になにかあったのか勘ぐられてもしかたないですよね。

あと、相変わらず自分勝手と言われていましたので、昔から自分勝手ということも明るみにでました。

世話しろといったくせに手を引けっていうのは、筋が通らないのは当然でしょう。

跡を継がせるなら継がせるで、外堀をうまく固めてからやればいいのに。

ただ、そうされると余計カゴから出たくなるのが、エイスケという男なのは重々承知していますがw

自分は身を引く!?

民子の件で、だいぶ弱っているあぐり。

そんな中、エイスケの東京女問題についても、ちゃんと話をしていましたね。

自分は実家に帰ってもいいからといっていましたが、あれは自分が身を引くといっているようなもんですよね。

離婚まで考えていたのかは分かりませんが、好きだという女性を悲しませないであげてほしいという彼女なりの本心だったのでしょう。

フラグ

世津子を見送るシーン。

世津子が去り際に「このままではだめになる」って言い残しましたよね。

これは完全なフラグでしょう!

「このままじゃだめになる=東京に来い」ということは。誰が見ても分かることで、エイスケ自身もそれを強く感じたはずです。

ゴミ箱に捨てられた原稿用紙も自分の対する苛立ちを表したものだったんじゃないかなと思います。

そうなると、エイスケは近い将来東京にいくことになると思いますが、あぐりも一緒についていくのか?

それとも岡山に残るのか、二人の今後に要チェックですw

以上が、朝ドラ「あぐり」第3週目第16話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。