あぐり第18話のネタバレあらすじ!手紙にショック

こちらでは、朝ドラ「あぐり」3週目第18話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第17話「健太郎のウソ」では、健太郎が足をけがをしたとウソをつき、エイスケに望月組代表として竣工式に出席させようとするストーリーでした。

あぐりの第18話「手紙にショック」では、エイスケの手紙に自分のことが何も書かれておらず、あぐりがショックを受けて、実家に帰るストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年4月26日(土)放送
第3週サブタイトル『謎の女』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「あぐり」を見逃した方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第18話のネタバレあらすじ

ここからは、4月26日に放送された朝ドラ「あぐり」第18話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり18話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

少しずつ歩み寄っていく2人に見えたが、エイスケはあぐりに黙って独りで東京へと行ってしまうのだ。

エイスケは独りで東京へ出奔。残された手紙にあぐりのことは何も書かれていなかった。

あぐりはエイスケの手紙に自分のことが何も書かれていなかったことにショックを受け、実家に帰ってしまう。

そんなあぐりに美佐(松原智恵子)は心配しないで待つように言う。

けれども1か月後、東京は関東大震災に見舞われエイスケは行方不明に。

ここまでが、4月26日に放送された朝ドラ「あぐり」第18話のあらすじのネタバレです。

あぐり第19話のあらすじを知りたい方は、第19話『あぐりの妊娠』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第18話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第18話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり18話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第3週目第18話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。