あぐり第26話のネタバレあらすじ!淳之介

こちらでは、朝ドラ「あぐり」5週目第26話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第25話「長男を出産」では、エイスケを見送りにいったが陣痛がきて、無事男の子を出産するストーリーでした。

あぐりの第26話「淳之介」では、健太郎が孫の名前を「陽之介」にしたいと言い、その気持ちをくんでエイスケが「淳之介」と名付けるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年5月6日(火)放送
第5週サブタイトル『赤ちゃん誕生』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第26話のネタバレあらすじ

ここからは、5月6日に放送された朝ドラ「あぐり」第26話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり26話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 光代が何かと赤ちゃんの世話をする
  • 健太郎が子供の名前は強そうな名前がいいと言い出す
  • 民子が望月家にやってきて結婚を報告する
  • 健太郎がエイスケに子供の名前に「陽之介」を提案する
  • エイスケが拒否すると、激怒し出て行く
  • エイスケが子供の名前を「淳之介」と名付ける

赤ちゃんの世話

あぐりとエイスケの子供・淳が生まれて、一週間が経った。

泣く淳を川村あぐり(田中美里)があやしていると、光代がやってくる。

望月光代(星由里子)はおしめだというと、あぐりが取り替えるというが、自分がやるといって何かと淳の世話をしていた。

名前

光代が淳の面倒を見ていると、望月健太郎(里見浩太朗)が帰ってきた。

かわいい初孫の誕生に、デレデレの健太郎。

すると、健太郎は名前は望月家の跡継ぎとして、もう少し強そうな名前のほうがいいのではないかと話す。

結婚

ある日、中村民子(笹峰愛)が望月家を訪れる。

赤ちゃんを見に来たのだが、あいにく淳は光代のもとに。

残念がる民子だったが、今度結婚することを伝えた。

あぐりがその人のことが好きなのかと聞くと、2、3回しかあったことがなく、分からないと話す。

それを心配するあぐりだったが、民子は、あぐりも旦那様の顔も知らないまま結婚して、今幸せに暮らしていると口にした。

夕食

夕食時、健太郎が赤ちゃんの名前について話題にした。

健太郎がエイスケに「陽之介」と書かれた一枚の紙を見せ、望月家の跡継ぎとしてふさわしい名前だと提案する。

しかし、望月エイスケ(野村萬斎)はそっけなく「淳」でいいという。

健太郎は、男らしい名前がいいと訴えるが、まったく聞き入れないエイスケに激怒し、食事中だというのに部屋を出て行った。

その夜、あぐりが目を覚ますと、エイスケは外で子供をあやしていた。

ふと「淳」と書かれた紙に目をやると、そこには「淳之介」と書かれていた。

エイスケは健太郎のの気持をくんで息子に「淳之介」と名付けたのだ。

ここまでが、5月6日に放送された朝ドラ「あぐり」第26話のあらすじのネタバレです。

ついに名前が「淳之介」に決定しましたが、ついに美容師へのきっかけが訪れるんですよね、、、

あぐり第27話のあらすじを知りたい方は、第27話『洋髪講習会』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第26話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第26話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

姑あるある

ついに赤ちゃんが誕生した望月家。

あぐりが、赤ちゃんの面倒を見ている所に光代がやってきて、赤ちゃんを奪い取りました。

これは姑あるあるですねw

私は、そういったことはありませんでしたが、友達の姑さんは、事あるごとに家にやってきて、赤ちゃんに付きっ切りで面倒をみていたそうです。

孫が可愛いという気持ちは重々わかりますけれども、ちゃんと母親がいますので、子供の世話は母親に任せてもらいたいものです。

たまに面倒を見るのはいいとして、あんな四六時中ずっと子供の世話をされては、母親としての存在意義がなくなってしまいますよね、、、

名前あるある

そしてもう一人のおじいちゃん健太郎。

名前について口を出していましたけれども、これもまたあるあるですw

私の場合はそういったことありませんでしたが、またしても友達の話で子供の名前について義父母がいろいろケチをつけたみたいです。

自分の子供の名前なんだから親に決めさせて欲しいという気持ちも分かります。

昔は自分たちではなく、親(祖父母)が付けた名前をつけることもありましたが、現代ではほとんど自分たちで名前をつけるんじゃないのかな?

ただ、この前今月生まれた赤ちゃんの特集で名前がずらっと並んでいたんだけど、読めない名前が多くて、ビックリした。

もう「子」がつく女の子は、今後めずらしい名前に変わっていくんだろうな、、、

民子ちゃん

久しぶりの登場民子ちゃん!

学校退学してからそうそう出てくることはないと思っていましたけれども、一番の親友ということもあって生まれてから登場!

しかも結婚報告というサプライズ付き。

お相手は軍人さんということですが、これフラグじゃないですよね?

軍人さんということは、出征する可能性もあり、将来未亡人になる可能性もあります。

しかも行き先は東京ということなので、今後東京つながりでまた登場するかもしれません。

以上が、朝ドラ「あぐり」第5週目第26話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。