あぐり第30話のネタバレあらすじ!あぐりを東京へ

こちらでは、朝ドラ「あぐり」5週目第30話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第29話「健太郎倒れる」では、健太郎が過労で倒れ、東京の学校を受験する準備していた勇造が受験を諦めるストーリーでした。

あぐりの第30話「あぐりを東京へ」では、健太郎と光代が、エイスケのためにあぐりに東京へ行ってほしいとお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年5月10日(土)放送
第5週サブタイトル『赤ちゃん誕生』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第30話のネタバレあらすじ

ここからは、5月10日に放送された朝ドラ「あぐり」第30話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり30話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 酔っ払いのエイスケがカフェ・セラヴィにやってくる
  • 燐太郎がエイスケに今後についてちゃんと考えろと助言をする
  • 余計なお世話と燐太郎を殴る
  • 世津子が健太郎にエイスケが荒れていると電話をかける
  • 健太郎があぐりに東京へいくようお願いする

願書

願書締切日の翌日。

勇造が願書を出さなかったことを知った望月健太郎(里見浩太朗)は、思ったとおりすればいいと声をかけた。

しかし、川村あぐり(田中美里)だけは、望月家のために願書を出さなかった決断をしたことは、誰も知る由はなかった。

カフェ・セラヴィ

一方、東京では、カフェ・セラヴィに女性を連れて酔っ払った望月エイスケ(野村萬斎)が来店していた。

辻村燐太郎(野村宏伸)はエイスケに話があるといい、女性たちを帰らせた。

ここ最近の荒れた様子のエイスケを心配した燐太郎は、今後どう行き何を書くかをちゃんと考えたらどうかと助言する。

そして、実家の跡継ぎ問題や嫁・子供のこともちゃんと話し合うよう訴えるが、エイスケは余計なお世話だといって取り合わなかった。

エイスケはうまく小説が書けず大きな壁にぶちあたっていたのだ。

電話

後日、そのことで、上原世津子(草笛光子)が健太郎に電話をかける。

エイスケが荒れていることを知った健太郎は、少し考えがあるといって電話を切った。

東京へ

その夜、健太郎はあぐりを呼び、東京へ行ってエイスケを連れ戻してほしいとお願いする。

帰らないといったら?と聞くと、そのまましばらく東京にいるといいと答えた。

すると、望月光代(星由里子)がまだ幼い淳之介には長旅は酷だといい、置いていくよう勧める。

翌日、母・美佐に相談すると、親が幸せでないと子は幸せに育たないと言われ、あぐりは東京に行く決心をした。

ここまでが、5月10日に放送された朝ドラ「あぐり」第30話のあらすじのネタバレです。

東京へいくことを決めましたが、犯罪者になりかけるんですよね、、、

あぐり第31話のあらすじを知りたい方は、第31話『あぐりが犯人!?』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第30話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第30話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

気づかない!?

勇造が願書を出さなかったと知った健太郎と光代。

勇造は、自信がなくなったから出さなかったといっていましたが、その話をそのまま鵜呑みにするんですか?

健太郎も思ったとおりすればいいというだけで、勇造が望月家のためにださなかったという考えに至らないとは、、、

そして、願書が机の上に置いてあるだけで、それを悟ったあぐり。

こういうところは案外鋭いんですよね。

そして、こういうところが案外鈍いんですよねw

ダメ男

ところ変わって東京ではw

エイスケがダメダメ男と化していました!

燐太郎君今日も素敵でしたが、その前にエイスケそんな簡単に分かりやすいスランプに陥りますか?

エイスケが意外と心弱いところがあるのは感じていましたが、なんだか単なる金持ちのボンボンみたいに見えて、逆にかわいそうに思えてきてしまう。

それに比べて、友達を思ってあえてきついことも言う燐太郎が素敵過ぎるぅ~

正直、エイスケが中途半端な状態なのは確かで、典型的な酒と女に逃げるパターンに突入。

ここにあぐりが入ってきて立ち直るというあらすじに向かっていくのではないかと容易に予想はつくのですが、さてさてどうなるやら。

あぐり任せた!

そして、息子のやばい状態を知った両親は、あぐりにまかせたとお願い!

あぐりしか連れ戻せないと訴えていましたが、お父さんもお父さんですよ。

頭ごなしに継げ!継げ!じゃなくて、もう少しまじめに話し合っていれば、違った形になっていたかもしれないのに、それをお嫁さんに丸投げですかw

しかも、帰らないと言われたら当分東京にいていいって、本当に丸投げですよね、、、

これで話は東京編に向かうわけですが、朝ドラ「あぐり」のもう一つの本編「あぐり美容師になる」という道筋につながっていくのかなと感じた朝ドラ「あぐり」第30話でした。

以上が、朝ドラ「あぐり」第5週目第30話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。