あぐり第58話のネタバレあらすじ!寂しさ

こちらでは、朝ドラ「あぐり」10週目第58話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第57話「光代と健太郎」では、「カフェ・セラヴィ」に別々でやってきた別居中の光代と健太郎を合わせないように苦心するストーリーでした。

あぐりの第58話「寂しさ」では、健太郎が勇造が望月組を継ぐことを報告し、思うままに生きるエイスケたちをみて寂しさを感じるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年6月12日(木)放送
第12週サブタイトル『父の背中』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第58話のネタバレあらすじ

ここからは、6月12日に放送された朝ドラ「あぐり」第58話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり58話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

健太郎の背中が関東大震災後に息子を捜していたときと同じだと言う燐太郎。

父を傷つけたことがあぐりにはつらい。

一同が会し重苦しい雰囲気の中、健太郎は勇造(若林久弥)が望月組を継ぐことを報告する。

それでも思うままに生きようとする光代やエイスケやあぐりに、健太郎は寂しさを感じながら出ていく。

岡山に戻るつもりのない光代と、自分自身の生き方を押し通すエイスケとあぐりに、健太郎は寂しさに耐えながら独り去っていく。

ここまでが、6月12日に放送された朝ドラ「あぐり」第58話のあらすじのネタバレです。

あぐり第59話のあらすじを知りたい方は、第59話『勇造のお披露目』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第58話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第58話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり58話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第10週目第58話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。