あぐり第59話のネタバレあらすじ!勇造のお披露目

こちらでは、朝ドラ「あぐり」10週目第59話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第58話「寂しさ」では、健太郎が勇造が望月組を継ぐことを報告し、思うままに生きるエイスケたちをみて寂しさを感じるストーリーでした。

あぐりの第59話「勇造のお披露目」では、勇造のお披露目にあぐりたちが出席するストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年6月13日(金)放送
第12週サブタイトル『父の背中』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第59話のネタバレあらすじ

ここからは、6月13日に放送された朝ドラ「あぐり」第59話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり59話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

大正15年、勇造のお披露目に光代とエイスケとあぐりは出席する。

自動車技師の夢を捨て家業を継ぐことにした弟・勇造のお披露目に来た兄・エイスケ。

酒を酌み交わしながら、勇造は「自分が勉強したことを、この仕事に生かしたい」と言う。

光代は新入りの女中頭・アキと健太郎の親密な様子を見て、ぜんそく気味の淳之介の療養になるとしばらく岡山に残ると言いだす。

ここまでが、6月13日に放送された朝ドラ「あぐり」第59話のあらすじのネタバレです。

あぐり第60話のあらすじを知りたい方は、第60話『詩が入選』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第59話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第59話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり59話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第10週目第59話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。