あぐり第11話のネタバレあらすじ!森潤との出会い

こちらでは、朝ドラ「あぐり」2週目第11話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第10話「連れ戻す」では、健太郎がエイスケを連れ戻し家族に小説家の先生と会っていたとウソをつくストーリーでした。

あぐりの第11話「森潤との出会い」では、エイスケの東京の友人・森潤と出会うストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年4月18日(金)放送
第2週サブタイトル『エイスケの秘密』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第11話のネタバレあらすじ

ここからは、4月18日に放送された朝ドラ「あぐり」第11話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり11話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 登校中におかしな男と出会う
  • 後を追うと望月家に入っていった
  • その男がエイスケの知り合いと知る
  • 父・晃の持論を話すと着物を着て踊りだす
  • 健太郎からお金を渡され、姿を消す

おかしな男

川村あぐり(田中美里)が望月家に嫁いで一ヶ月がたったある日。

あぐりは通学途中におかしな男と出会う。

声をかけると、おかしなことを主張し、こうもり傘を投げて、傘が向いた方向へ歩いていった。

あぐりは気になって後をつけると、その後もこうもり傘で行き先を決め、ついには望月家までたどり着き、中へと入っていった。

望月家

突然現れたその男の応対をする妻五郎。

すると、そこへエイスケが帰ってきて、エイスケの東京の友人だと分かる。

その男の名前は森潤(森本レオ)といい、文壇でひそかに注目される放浪の文士だった。

森の話では、望月エイスケ(野村萬斎)からの手紙に書いてあった「暗闇」を見にわざわざやってきたという。

男女平等

あぐりが学校から戻ってくると、エイスケと森は部屋で談笑していた。

すると、義父の話を森に聞かせて欲しいとお願いする。

「やってはいけないことは男も女も同じ」だというあぐりの父の持論を聞いた森は、それならばと、あぐりの着物を持ち出して、女装して踊りだした。

親の気持ち

翌朝、あぐりが望月光代(星由里子)に昨晩のことで咎められている一方、望月健太郎(里見浩太朗)は森と話をしていた。

エイスケを望月家を継がせたいといい、封筒を手渡す。

森がこれは何かと尋ねると、子を思う親の気持ちだと答え、中身を確認するとお金が入っていた。

それを察した森は、その翌朝、2人の前から風のように去っていった。

ここまでが、4月18日に放送された朝ドラ「あぐり」第11話のあらすじのネタバレです。

あっという間にいなくなりましたが、望月家で騒動が起こるんですよね、、、

あぐり第12話のあらすじを知りたい方は、第12話『みな平等!』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第11話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第11話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

森本レオ!

朝ドラ「あぐり」第11話は、ついに森本レオ登場!

さすが、1/fゆらぎを含む声を持つと言われているように、不思議で心地の良い感じがするんですよね。

放浪の文士としては、最高のキャスティングではないでしょうか?

そんな森の行動が気になって後をつけるあぐり。

はっきり言って現代で言えばストーカーですよw

こうもり傘が向いた先に進むというのは、まさに放浪って感じがしますが、まさかの望月家に到着するのは、ちょっと出来すぎではないですか?

何回傘を投げたのかは知りませんが、望月家にたどり着くには相当低い確率だったはずです。

エイスケの知り合いだったことよりも、まさに奇跡に近い確率で望月家にたどり着いたことに驚きです!

やってはいけないこと

あぐりが学校から帰ってきて、酒を飲んでいた森とエイスケ。

森がエイスケの手紙にはあぐりをすばらしいと褒めちぎっていたことを伝えましたが、あれって何気にうれしいですよね。

本人の口からではなく、第三者の口から、それも誰にも見られるはずのない手紙にそんなことが書かれていたということは、エイスケの本心そのものです。

それなのに、あぐりはただの酔っ払いのたわごとのように、聞き流していましたw

このシーンが、今日一番のあぐりらしい一面でしたよね!

着飾った感じがまったくしないところが好感を持てるところですが、逆に常識を知らないところがハラハラするところでもあります。

つまりはそれだけ魅力の女性ということですが、このことを本人がもしも知ったら調子に乗りそうなので、褒めるのはここまでw

賄賂

そんな翌日に、ドロドロの賄賂劇が行われていました。

中身まで本人の前で確認するぐらいですから、返すはずもないと思っていましたが、まさかその翌日にはさっさと消えてしまうとはw

放浪の文士なのか、はたまた物乞いなのか不思議な男の登場で今後が楽しみです!

以上が、朝ドラ「あぐり」第2週目第11話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。