あぐり第22話のネタバレあらすじ!エイスケの葬式

こちらでは、朝ドラ「あぐり」4週目第22話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第21話「エイスケを探しに」では、健太郎が東京へエイスケを探しに行くストーリーでした。

あぐりの第22話「エイスケの葬式」では、エイスケは見つからず、東京の惨状を目の当たりにした健太郎が、光代にエイスケの葬式を出すことを告げるストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年5月1日(木)放送
第4週サブタイトル『親の心』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第22話のネタバレあらすじ

ここからは、5月1日に放送された朝ドラ「あぐり」第22話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり22話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 1週間エイスケの捜索をするが見つからない
  • 健太郎があきらめ、エイスケの葬式をだすことを電話で告げる
  • 燐太郎が駅まで見送る
  • 世津子に青森警察署から電話が入る
  • 世津子が駅にかけつけ、電話があったことを伝える
  • 青森警察署を尋ね、森とエイスケの生存を確認する
  • あぐりに電話をかけ、心配かけたと言葉をかける

捜索

件タオルが東京にきてから1週間。

燐太郎とともに望月エイスケ(野村萬斎)を探すが見つからなかった。

気落ちする健太郎に、上原世津子(草笛光子)は、これだけやればエイスケも分かってくれると声をかけた。

そして、望月健太郎(里見浩太朗)は望月家に電話をかける。

望月光代(星由里子)が電話にでると、東京での惨事を伝え、エイスケの葬式をだすことを告げた。

翌日、岡山に帰ることにした健太郎を辻村燐太郎(野村宏伸)が駅まで見送る。

そのころ、世津子に青森の警察署から電話が入っていた。

そして、待っていた汽車がやってきて、乗り込もうとした瞬間、世津子が駆け足でやってくる。

世津子は、息を切らせながら青森警察署から電話があったことを伝えた。

青森警察署

青森警察署を尋ねる三人。

警部の話では、温泉宿に無一文で泊まっていた男が二人いて、ずっと身元をあかさずにいたら、昨日大地震のことを知り、慌てて身元を明かしたという。

すると、そこに森潤(森本レオ)とエイスケが現れ、二人の生存が確認できた。

健太郎はエイスケをばかやろうと一発殴り、強く抱きしめる。

事情を知ったエイスケは、望月家に電話をかけ、あぐりに心配かけたと言葉をかけた。

ここまでが、5月1日に放送された朝ドラ「あぐり」第22話のあらすじのネタバレです。

ついにエイスケの生存が確認できましたが、まったく帰ってこないんですよね、、、

あぐり第23話のあらすじを知りたい方は、第23話『自主退学』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第22話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第22話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あっという間に一週間

健太郎が東京にやってきてからあっという間に一週間が過ぎました。

親友の燐太郎も一緒に探してくれましたが、探していた期間は、一週間どころじゃないですよね。

それだけ見つからなかったということは、やっぱりそういうことなんだと思わずにはいられませんが、健太郎の口からはそれはなかなか出てきません。

そして、それを代弁したのが世津子でした。

世津子も健太郎の気持ちをはばかって、あえて口にしたんでしょうが、健太郎もそのことでやっと踏ん切りがついたように望月家に電話。

待つ側の光代たちも、報告を今か今かと待っていましたが、悲しい電話にがっくし。

私も実家を離れて実家からたまに電話がかかってきますが、もしかしたら不幸の電話じゃないよねって思うことがあります。

便りがないのは元気な証拠みたいな言葉があるように、エイスケがどこかで元気でしていると信じていましたが、最初のほうでやっぱりダメで諦めるのかと沈んでしまいました。

あとで事実を知ったときは、コイツマジか!って思いましたけどw

優しい

そして今日も登場の燐太郎!

駅まで送ってくれるなんて本当に優しい子ですよね。

しかも、最後に交わした言葉までちゃんと伝えてくれるなんて、相手想いなところも満点!

エイスケと性格が全く逆で、好青年すぎる!!

まだ戦争時代ではないですが、いい人ほど早死にするというので、それだけが心配です。

青森?

青森警察署から電話がかかってきた世津子。

ここは東京ですよ?

青森って言われた瞬間、おそらくこれは間違い電話だなと思ったでしょうねw

しかし、事情を聞いてみるとビックリ!

まさかエイスケが青森にいたなんて、こんなウルトラ C 的な事ってありますか?

ただそれもあり得ると思ったのが森の存在。

あの人と一緒だったらなんかしでかしそうな気がしますよねw

なにはともあれ生きていてよかったです!

以上が、朝ドラ「あぐり」第4週目第22話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。