あぐり第23話のネタバレあらすじ!自主退学

こちらでは、朝ドラ「あぐり」4週目第23話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第22話「エイスケの葬式」では、エイスケは見つからず、東京の惨状を目の当たりにした健太郎が、光代にエイスケの葬式を出すことを告げるストーリーでした。

あぐりの第23話「自主退学」では、あぐりが母親の自覚のなさを反省し、学校を自主退学するストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年5月2日(金)放送
第4週サブタイトル『親の心』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第23話のネタバレあらすじ

ここからは、5月2日に放送された朝ドラ「あぐり」第23話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり23話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 健太郎が岡山に戻ってくる
  • エイスケから預かった一枚の封筒を手渡す
  • 「命名・淳」と書かれた紙が入っていた
  • 教室の掃除中にイスから落ちてしまう
  • 改めて命の大切さに気づかされたあぐり
  • 自主退学する
  • 山神から英語の辞書を手渡される

預かりモノ

エイスケの生存が確認され、帰りを待ちわびていたあぐりたちだったが、岡山に戻ってきたのは望月健太郎(里見浩太朗)だけだった。

健太郎は、望月エイスケ(野村萬斎)が東京で仲間を助けようとしているのを無理に引っ張ってくるのは人道に外れると無理強いはしなかったと話す。

そして、エイスケから預かった一枚の封筒をあぐりに手渡した。

その中には「命名・淳」と書かれた紙が入っていた。

健太郎は、子供は母体に宿ったときから人格があるとケイスケの言葉を代弁し、男でも女でもつけられる名前だと説明した。

学校

エイスケの生存が確認されてから、3ヵ月が経った。

あぐりのおなかは大きくなり、周りから常に気遣われる毎日。

川村あぐり(田中美里)は自分だけ特別扱いはいけないと教室の掃除を率先するが、誤って椅子から落ちてしまう。

流産の危機を乗り越え、改めて命の大切さに気づかされたあぐり。

そして、ある決意をする。

自主退学

後日、望月光代(星由里子)とともに学校にいくあぐり。

そして、山神鶴子(山田邦子)が生徒たちにあぐりが退学することを伝える。

あぐりは、母親の自覚のなさを反省し、子供を守れるのは母親だけだと言い、学校を去ることに決めたのだ。

皆に別れを告げ、帰ろうとしたとき、山神から、おなかの子が大きくなるころには英語は日本語と同じくらい必要な言葉になると言われ、英語の辞書を手渡された。

ここまでが、5月2日に放送された朝ドラ「あぐり」第23話のあらすじのネタバレです。

ついに学校を辞めてしまいましたが、まったくお呼びじゃないあの人が戻ってくるんですよね、、、

あぐり第24話のあらすじを知りたい方は、第24話『森潤の訪問』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第23話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第23話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

帰ってこない!?

エイスケが戻ってくるのを待ちわびていた女性陣。

しかし、エイスケ戻らず非難される健太郎。

人道に外れるとかなんとか言い訳いっていましたが、ここはあぐりや光代のために意地でも連れ帰すところですよね!!!

あぐりというか特に母親の光代は会って抱きしめたかったはずです。

たった1日でもいいから元気な姿を見せてくれたら、光代たちも満足していたと思いますが、これだから男はw

燐太郎しかり友達思いの人達ばかりだったら、あぐりたちの気持ちを察して、少しだけ帰ることも理解してくれていたはずです。

結果だけみれば、健太郎何しに東京いったんだって感じですが、エイスケの生存が確認できただけでもヨシとしましょうw

自覚なさすぎ!?

それから3ヶ月まったく帰ってこないエイスケ。

エイスケもエイスケだけど、あぐりもあぐりな事件が。

おなか大きくなっているのに、自転車にのるってどうなの?

初めての子供ですよね?

光代のことをちょっと過保護と思っている部分がありましが、今回は正論です。

まったく身ごもっているという自覚がなさすぎです!

それをやっと思い知らされたのが、イスから落下事件。

大事に至らなかったのは、不幸中の幸いというやつですが、もしもあれで流産でもしたら、一生後悔して残りの人生を過ごさないといけなかったはずです。

今回は、それに気づき学校を自主退学しましたが、そもそもちゃんと気遣いしていれば、学校も自主退学する必要がなかったような気がします。

むしろ最後の挨拶で気づかされたといってますが、学校でもどこでも常に気をつけていれば、いいだけの話。

学校いくと自分の不注意でまた何かやらかすかもしれないから、この子を守るために辞めます!という風にうがった見方をしてしまったw

でもSNSでも同じこといってる人がいてちょっと安心w

以上が、朝ドラ「あぐり」第4週目第23話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。