あぐり第24話のネタバレあらすじ!森潤の訪問

こちらでは、朝ドラ「あぐり」4週目第24話のあらすじのネタバレや、あぐりと原作の比較、感想をまとめています。

あぐりの第23話「エイスケの生存」では、健太郎が岡山に帰ろうとした矢先、エイスケが見つかったと警察署へ向かうストーリーでした。

あぐりの第24話「森潤の訪問」では、森潤が突然望月家にやってきて一泊するストーリーとなっています。

朝ドラ『あぐり』
1997年5月3日(土)放送
第4週サブタイトル『親の心』

あぐりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「あぐり」を見逃した方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『あぐり』第24話のネタバレあらすじ

ここからは、5月3日に放送された朝ドラ「あぐり」第24話のあらすじをまとめたネタバレです。

あぐり24話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

大正2年正月、あぐりは東京のエイスケのところへ行きたいと言いだすが、光代に許してもらえない。4月に突然森潤(森本レオ)が望月家を訪れ、一泊した翌日あぐりが駅まで見送りに行くと…。

正月にもエイスケは岡山に戻らないが、春になってふと森酒が望月家へ立ち寄る。森は翌日あぐりを散歩に連れ出し、家へは帰らず駅前旅館で森潤を待っていたエイスケに、こっそり会わせてくれるのだった。

あぐりは真剣な顔でおなかに触れるエイスケに、「どんな生き方をしてもいいから、海が生まれたら必ず師を見に来てほしい」と頼む。

ここまでが、5月3日に放送された朝ドラ「あぐり」第24話のあらすじのネタバレです。

あぐり第25話のあらすじを知りたい方は、第25話『長男を出産』へ読み進めてください。

朝ドラ「あぐり」第24話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「あぐり」第24話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

あぐり24話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「あぐり」第4週目第24話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。